■ポジカリメソッドは1~7まであります。
まだお読みでない方は、ぜひ、1からスタートしてみてください。
>> 1:「ポジティブに叱れる『ポジカリメソッド』とは?」へ


原則3は、子どものココロ育てにお役立ちの叱り方

ポジカリ3原則の1つめと2つめは、ママのイライラ対策に役立つものでした。これからご紹介する3つめの原則は、子どものココロ育てに役立つ叱り方です。

叱りネタを増やさないようにすることで、叱る的のずれを防ぐという点では同じですが、そのメリットは、ママよりもお子さんにあるのが特徴です。普段、「こんな叱り方で子どもの心を傷つけていないかな?」と気になる方は、この原則3を徹底すると、叱るときの不安を減らすことができます。


ポジカリ3原則 その3:子どもの「行動」を叱る

ポジカリ3原則の3つめは、子どもの「行動」だけを叱る。意外と見過ごされていますが、子どもの行動を叱るのと性格を叱るのでは大きな違いがあります。では、行動だけを叱るとは、どういう意味なのでしょうか?次の2つの例を見てください。
  • 例1:「順番を待たないで横入りするのは悪いことよ!」
  • 例2:「順番を待たないで横入りするのは悪い子よ!」
例1では、ママの目線は、子どもの行動⇒「順番を待たないこと」に向けられています。
例2では、ママの目線は、子ども自身⇒「順番を待たない悪い子」に向けられてしまっています。

ママとの約束を守らないのは「いけないこと」「悪いこと」です。でも、だからといって、「いけない子」「悪い子」ではありません。

著書「輝くママの習慣」でも書きましたが、この2つの例は文字上ではわずかな違いですが、それが意図するメッセージには大きな違いがあります。例2のように、「悪い子」「ダメな子」と子どもを全否定する言い回しは、自分のことを愛せない子どもを作ってしまうので、親は絶対に使うべきではないNGワードなのです!


「○○な子」表現をNGワードに

「○○な子ね」は、ほめるときにはどんどん使っていきたい「丸ごとホメ」のおすすめフレーズ。でも、それを叱るときに使うと、あっという間に、子どもを傷つける全否定の叱り言葉になってしまいます。

子ども達はたくさんの失敗を繰り返しながら成長していきます。だから、叱ってあげるのは大切なこと。でも、そのときに心を傷つけないように気をつけなくてはいけません。

行動に的を絞って叱るコツは、「○○な子」表現を禁句にしてしまうこと。そうすると、自然とその子の行動に目が行きやすくなります。

行動だけを叱ると、心が傷つかないので、子どもは心を開いたままでいられます。それにより、言うことを素直に聞けるようになるのです。「行動だけを叱る」のは、子どもにしっかりと反省は促しつつ、心にも優しい叱り方。ぜひ、取り入れてみてください。


まとめ

<ポジカリ原則 その3:子どもの「行動」を叱る>

■子どもの心を傷つける叱り方:
「あなたのせいよ!」
「何をやらせても、ダメな子ね!」
「全く、悪い子なんだから!」
「あなたがだらしないからでしょ!」
では、性格を非難されているので心が傷つく

■子どもに伝わる叱り方:
「その言い方はよくないよ」
「○○するのは、ダメよ、悪いことよ」
「このやり方だと上手くいかないから、新しい方法を考えましょう」
「そのやり方はだらしないよ。○○しなさい」
では、自分の行動を指摘されているので、素直に聞き入れやすくなる


>> 次は、「ポジカリ2ステップ」のご紹介です。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。