食料品や衣料品、なんでもそろうデパート。絵画や彫刻という美術作品も売ってたり……するんです!

いまやデパートのイチオシは、有名ブランドの衣服でもなく、パティシエのお菓子でもなく、実は「アート」かもしれません。高島屋日本橋店美術部の近藤智子さんにお話を伺いながら、油絵やブロンズ彫刻だけでなく、現代アートまでも展示販売するデパートの現状をお伝えしましょう。

高島屋へ行ってみた!

日本橋高島屋undefined外観

日本橋高島屋 外観

老舗デパートのひとつ、高島屋。日本橋や新宿などの店内には美術画廊があり、また、今年2013年のアートフェア東京へ出展するなど、美術に力を注いでいます。

高島屋と美術の関係について、歴史をひもといてみましょう。

1831(天保2)年に京都烏丸で木綿商として開業し、1887(明治20)年に貿易部を設置して、輸出向けの染織品を手掛けるようになります。それらの下絵制作のために、竹内栖鳳のような当時気鋭の日本画家を画工室に招聘し、結びつきを強めていきました。

1909(明治42)年には、京都店で「現代名家百幅画会」を開催し、大変好評を博します。これを機に、高島屋は作品販売を伴う新作の展覧会を開くようになっていきました。

さらに1911(明治44)年に、大阪店に美術に特化した専門部署「美術部」を創設。
100年以上の時間を経て今なお、自主企画による現存の作家の新作発表を続けています。

こうした長い歴史は伝統となり、有望な若手作家たちの中から中堅、やがては日本を代表する大家が育っています。

デパートに現代アートがあること

高島屋日本橋店6階美術画廊Xundefined入口(忘れていた絵undefined長沢undefined明展)

高島屋日本橋店6階美術画廊X 入口(忘れていた絵 長沢 明展)

2007年3月、美術業界に衝撃が走りました。高島屋日本橋店に、現代アートに特化したスペース「美術画廊X」が登場したのです。現代アートは分からない、難しいと言われる中、デパートが現代アートに手を伸ばしたのです。

「美術画廊Xの『X(エックス)』は、未知数を意味しています。「絵画」「彫刻」「工芸」といった特定のジャンルに限定されない、写真や映像、インスタレーションなども取り入れ、新しいアートを提案するクリエイティブなスペースの実現を図っていくことをコンセプトとしています。私たち高島屋は、暮らしに密着した百貨店を目指しています。現代アートは多様な可能性を持ち、同時代へ発信するメッセージ力のあるものと考えます」(美術部・近藤智子さん)

高島屋新宿店10階美術画廊undefined入口

高島屋新宿店10階美術画廊 入口

高島屋は、新宿店にも現代アートを中心とした美術画廊があります。また大阪店は、次世代を担う京阪神の現代アートや、絵画・彫刻・工芸の実力派アーティストを紹介する「美術画廊NEXT」があります。