私は今成田空港にいます。コロンビアで開かれる「ワールドゲームズ」に出場する為です。「第2のオリンピック」ともいわれるこの大会で、実は日本代表は前回、銀メダル。今大会はアルティメット日本代表にとって、金メダルを本気で狙う、非常に重要な大会なのです。

ワールドゲームズとは?

疾風JAPAN

アルティメット日本代表の愛称は「疾風(はやて)JAPAN」

ワールドゲームズとは「第2のオリンピック」ともいわれ、国際的トップアスリートによる総合競技大会です。国際ワールドゲームズ協会(IWGA:International World Games Association)主催、国際オリンピック委員会(IOC)後援で4年に1度、夏季オリンピック競技大会の翌年に開催されます。

今大会はコロンビアのカリ、初の南米大陸開催です。大会期間は7/25~8/4の11日間、スポーツクライミングやスカッシュ、水上スキー、スポーツクライミングなどの26公式競技と4公開競技があり、フライングディスクも公式競技のひとつ。フライングディスク種目のひとつとしてアルティメットも開催されます。4年に一度の大舞台。第2のオリンピックと呼ばれる所以です。

アルティメットの日程

アルティメットは、28日~30日までの3日間に開催されます。出場国は世界ランキング5位までの5ヶ国とホスト国。今回は、日本・アメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリス、そしてホスト国のコロンビアです。

ここで忘れてはいけないのは、ワールドゲームズのディビジョンはMIXつまり、男女混合です。通常男子日本代表、女子日本代表で戦っている選手の中から精鋭達が集結しています。これって、他の競技にはなかなかない、大きな見所だと思います。男女混合でどうやって戦うんだ!? 興味湧いてきましたよね?

金メダルを狙います

今回日本代表は、2013年1月に男女各12名づつの代表候補を招集し、5月末までに登録可能人数の13名(男子7名・女子6名)まで絞り込みました。(※代表選手情報はこちら

この13人で、予選を含めた6試合を3日間で戦います。1日2試合を13人で戦うのは、体力的にも精神的にもハードですが、疾風(ハヤテ)ジャパンのメンバーならやってくれるでしょう。

2001年大会は銅メダル、2005年大会は4位、そして前回大会が銀メダル。私は2009年大会の代表メンバーでしたが、あの大会の悔しさが今大会のコーチを引き受けた原動力となりました。4年前の忘れ物を、取りに行ってきます。

皆様、疾風ジャパンの世界一の瞬間を見逃さないでくださいね。そして、応援よろしくお願いします。選手達の最高の笑顔を、日本に届けます。

今大会では、アルティメットの試合がインターネットでライブ中継される予定です。せっかくですので、沢山の方にアルティメットを見ていただきたい。詳細は、日本アルティメット協会公式サイトにてUPされますので、是非ご覧下さい。

日本アルティメット協会公式サイト
http://www.japanultimate.jp/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。