DIYリフォーム実例紹介の人気シリーズ、リニューアル第10弾、5万円でどこまでできる?インテリアに統一感が無い、家具が生かせない、そんなマンションのリビングが、アンティークな部屋に大変身!5万円の予算でDIYリフォームにチャレンジした体験記をご紹介します。

DIYリフォーム、5万円でどこまでできる?

築30年のマンションにお住まいのKさん。海外に行くことが多く、アンティークな家具やスタンドを買って帰ってはくるものの、リビングが狭く全体的に雑多な雰囲気がするのが悩みの種でした。そこで今回は、某雑誌の企画で、なんと5万円の予算でDIYにチャンレジ!基本プランはガイドYuuが立て、あとはKさんが頑張ってリフォームすることになりました。

リフォーム前。 ひとつひとつの家具はいいものだけれど、全体的に統一感が無いのが悩みの種。壁や床も古びてしまっている。

リフォーム前。 ひとつひとつの家具はいいものだけれど、全体的に統一感が無いのが悩みの種。壁や床も古びてしまっている。


上の写真はダイニングからリビングを見た様子です。普段閉めない戸の上にある「下がり壁」や「床の敷居」が部屋を細切れにし、いっそう狭く感じさせています。また部屋の奥にある背の高いアンティークなフロアスタンドは、Kさんお気に入りなのですがモノに紛れて生かされていません。

リフォーム前。 リビングの押入れ。引き戸や開き戸、アコーデオンカーテンなどいろいろ並んでいるので雑多な印象に。

リフォーム前。 リビングの押入れ。引き戸や開き戸、アコーデオンカーテンなどいろいろ並んでいるので雑多な印象に。


こちらはリビングの奥の壁にある押入れです。引き戸や開き戸、アコーデオンカーテンなどいろいろな種類の形や色の戸が並んでいます。また様々な色の家具が置かれているので、雑多な印象のリビングになってしまっています。

またリビングには、海外で買ってきたお気に入りの椅子とテーブルが置いてありましたが、部屋のイメージに合わないということで、白いカバーで覆ってありました。

リフォーム前 せっかくの椅子やテーブルなのに部屋のイメージに合わないとのことで、白いカバーで覆われていた。

リフォーム前 せっかくの椅子やテーブルなのに部屋のイメージに合わないとのことで、白いカバーで覆われていた。


リビングをひろびろさせたい!DIYリフォームでフローリング張りも

と言うわけで、DIYリフォーム実例、5万円でどこまでできる?目標、完成イメージ図、DIYリフォームの内容は下記のようになりました。

【DIYリフォームでの目標】

  1. リビングをスッキリひろびろさせたい
  2. 暖かく居心地のいいリビングにしたい
  3. アンティーク風の家具を生かすインテリアにしたい

リビングの完成イメージ図。温かみのあるやわらかい空間を演出。

リビングの完成イメージ図。温かみのあるやわらかい空間を演出。


【DIYリフォームの内容】

  1. 間仕切り壁・敷居を撤去(細切れの部屋に連続性を出す)
  2. 床フローリング貼り(玄関からまっすぐ奥へ続くように張る)
  3. 壁紙の上からペンキで塗装(卵の黄身色)
  4. 家具の塗り替え(色味の統一)
  5. 壁面カーテンの取付けと、既存カーテン、ピアノカバー交換
  6. 椅子座面を張替え
  7. カーテンホルダーと照明カバーをワイヤーアートで製作

では次のページで、5万円で完成したDIYリフォーム実例をご紹介します。スッキリひろびろとしたフローリングの床、壁紙の上からペンキで塗装した卵の黄身色の壁にアンティークな家具が映える!DIYリフォーム後の様子をご紹介します。