お洒落発信源! ブキビンタンのパビリオン

ブキビンタン通りに位置する比較的新しいショッピングセンター(SC)。中は吹き抜けになっていて、明るく洗練された造り。パビリオンの特徴は、お洒落に敏感な人をターゲットに、世界の高級ブランドから若者の流行ブランドまで幅広く取り扱っていること。また、欧米ブランドだけでなく、韓国コスメ、台湾スイーツなどもそろっており、とてもインターナショナルな雰囲気です。
パビリオン

ブキビンタン通りにあるパビリオン。KLCCからは冷房付の歩道橋で歩いて来れる

パビリオンでショッピング

コーチ、バーバリー、エルメスなどの高級ブランドから、トップショップ、ザラ、マンゴーのようなカジュアルブランドまでバリエーション豊か。ガイドがいつもチェックする店は、エスニック調の個性派デザイン「salabianca(サラビアンカ)」。ビビッドな色のビーズをふんだんにあしらった洋服やバックは、日本ではなかなか手に入らないデザインです。また、リゾート感たっぷりのファッション「island shop(アイランドショップ)」もおすすめ。マキシワンピやアジアンテイストのネックレスが充実しています。

パビリオンでグルメ

パビリオンのフードコート

1階のフードコート。入口は3階になるので、2階下がると広大なフードコートが出現!

漢方スープの名店

中国系漢方でスチームした絶品スープが食べられる「ア・イップ・ハーバルスープ」

パビリオンにはおいしい店がたくさん! 1階(Level 1)のフードコートにはマレーシアの名物料理がずらり。好きな店舗で注文し、料理を受け取ったら自由に席で座って食べる、というスタイルです。おすすめは、体にいい薬膳スープが有名な「AH HIP HERBAL SOUP(ア・イップ・ハーバルスープ)」。おかず、スープ、ご飯のセットで400円ほど。具だくさんで優しい味のスープが胃にじわ~っと沁みわたります。また、もちもち平打ち麺のパンミーもぜひ挑戦してみて下さい。肉そぼろ、カリカリの揚げ小魚を具に、醤油系ソースで麺をあえたドライが絶品です。 

 

パオシャンのバクテー

豚の旨みたっぷりのスープ料理でエネルギーチャージ!「パオシャン」

ゆっくり寛ぎたいなら、6階のレストランでマレーシア料理を堪能しましょう。「宝香(パオシャン)」は、豚のスープ料理“バクテー”の専門店。発祥の地であるクランに本店を構える老舗で、提供スタイルも本場そのまま。好きな豚肉の部位ごとに注文するのですが、スペアリブ、三枚肉あたりがおすすめです。また、マレーシア三大民族のひとつであるインド系の料理「Spice of india(スパイス・オブ・インディア)」も本格派。北インド料理を中心に種類豊富なインド料理がいただけます。

 

小籠包と麺料理が逸品ぞろいの「DRAFON-i(ドラゴン・アイ)」、マレーシアの伝統料理が楽しめる「Madam kwan(マダム・クワン)」、ワインとタパスで寛げる「La Bodega(ラ・ボデガ)」など、ガイドが在馬時代によく訪れていたレストランが多数あり、夜までたっぷり楽しめます。

 

パビリオンでフィッシュスパ

小魚がパクパクと口でつついて踵の角質を取ってくれるという話題のフィッシュスパ「Kenko(ケンコー)」、手と足で100リンギ(3300円)からやってもらえるネイルサロン「colour culture(カラー・カルチャー)」など、ビューティ関連も充実。のんびりSCで過ごすのも、南国マレーシアらしい休日なのですよ。

<DATA>
Pavillion(パビリオン)
住所:168 Jalan Bukit Bintang, 55100
TEL:+60 (3) 2143-8088
営業時間:10:00~21:00(店により異なる)※とくにレストラン街は別
アクセス:モノレール・ブキビンタン駅より徒歩5分、KLCCより徒歩14分
無休
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。