【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

人混みが嫌いなあなたは「体感覚優位タイプ」かも

右上を見て考える男性

考え事をするとき、思い出そうとするとき、どこを見ますか?

「体感覚」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。心理学、NLPに触れたことのある人は聞いたことがあるでしょうね。実は、私が資格を持っているポラリティセラピーでも学びます。

人は、視覚優位の人、聴覚優位の人、体感覚優位の人、という3つのタイプに大きく分けられると言われています。体感覚とは、簡単に言ってしまうと、五感のうちの、味覚、嗅覚、触覚(肌感覚)の総称です。

視覚優位の人は、目で記憶していて、話すスピードが速い傾向にあるようです。聴覚優位の人は、音で記憶していることが多く、理論的に話をするようです。体感覚優位の人は、身体全体でどう感じたか、皮膚や温度、感触、気配といったもので記憶している傾向にあるそうで、ゆっくりしゃべる傾向にあるそうです。人混みが苦手な人は、体感覚が研ぎすまされているのかもしれません。

ここで、ひとつテストしてみましょう。
「あなたの初恋は、何歳でしたか?」

さぁ、今、あなたはどんな風に思い出そうとしましたか? 視線を下に落として考えた人は、体感覚優位。横に目を向けた人は、聴覚優位。上を見る人は視覚優位と言われています。

あくまでもひとつのチェック方法です。どの感覚もみなさんが持っているものですし、どれが優位になっているかは、同じ人でも変化するということも覚えておいてくださいね。