部屋ごとに求められる機能は異なります。家中フローリングにリフォームしてしまって本当に大丈夫ですか?実は寝室の床材にお勧めのカーペット、玄関とリビングは思い切って大理石、それともタイルにする?子供部屋はどうする?など、本当に住み心地のいい家にするための適材適所の床選びをご紹介します。

玄関ホールの床材は、簡単リフォームで高級感がある大理石に

玄関は家の顔です。室内空間の第一印象は、床材の質によって大きく左右されますので、玄関ホールの床材選びでは、ぜひ高級感にこだわりたいもの。そこで使いこなしたいのが大理石です。豪華なのはもちろん、狭く暗く見えがちな玄関を、美しい反射で明るく広く見せてくれます。

大理石の玄関

床に大理石タイルを敷き詰めた豪華な玄関ホール。家の顔としての高級感がある(三菱地所ホーム)


リフォーム用大理石

床に大理石を張るリフォームは意外と簡単。リフォーム用の石材を使って重ね張りができる(簡単!床に大理石を張るリフォームで豪華に変身より


イマドキは、大理石を床に張るリフォームもとても簡単。薄いリフォーム用の石材を使って、今あるフローリングの上から重ね張りができます。石材の魅力は何と言ってもその高級感です。玄関框の周辺だけ、リビングの入り口だけなど、部分張りでアクセントにするのもいいでしょう。

玄関ホールのようにお客様の目につきやすい部分のリフォームをする時は、高級感をキーワードに床材選びをすると、家のイメージがぐんとアップします。

寝室の床材は、音が響かずダストを巻き上げないカーペットに

寝室にお勧めの床材と言えば、意外に思う人もいるかもしれませんがカーペットです。カーペットには様々な長所があり、それらが寝室の環境を作るのにぴったりなのです。

まずは音の問題です。表面がツルツルとしたフローリングや石材のような硬い素材で囲まれた部屋は音が反響し、小さな声でも響きやすくなります。その点、カーペットなら吸音効果が高く、とても静か。ぐっすりと眠ることができます。

住宅展示場のモデルハウスでは、寝室の床がカーペット敷きになっていることが多いので、ぜひ声の響き方をチェックしてみて下さい。リビングで話している時の声の響きと、カーペットの部屋とで比較してみると、驚くほど大きな差があることが分かります。

寝室の床

カーペット敷きの寝室は音が響きにくく、静かな環境を作ることができる。ホテルの部屋もとても静か。


カーペットはこれまで、ダニや掃除の問題で敬遠されがちなところがありました。しかし今では防ダニ機能に優れたタイプがあり、また空気中のダストを舞い上げずに吸着するので、ハウスダストを防ぐ効果があると見直されています。

寝室の床材をカーペットにすると、音が静かで、素足で歩いても柔らかく、あたたかく、そしてきれいな空気の中ぐっすり眠れる快適な空間になります。

次のページでは、リビング、子供部屋の床材、そして階段板のリフォームです。