リビングではどんな風に過ごす?床座なら柔らかい床材に

リビングではソファーに座る?それとも床でゴロゴロすることもある?スリッパははく?それとも素足?どんな風に過ごしているかで、快適な床材は異なります。例えば、スリッパをはいて、ソファーや椅子に座って過ごすことが多いなら、硬く傷が付きにくい床材が向いています。裸足で過ごし、床に直接座ることが多いなら、柔らかくあたたかみのある床材を選んでリフォームするといいでしょう。

和リビング

素足で歩き、ゴロゴロしたいなら丈夫で撥水性がある和紙畳も(大建工業


フローリングを選ぶなら、樹種にもこだわりましょう。無垢の針葉樹、例えばパイン材は素足に暖かく、気持ちのいい床になります。ゴロゴロすることが多いなら、和紙畳のフロアを部分的に敷き詰めるのもいいでしょう。和紙畳は、畳のようなやわらかさと、色あせしにくい耐久性の高さ、そして撥水性があるので清掃性のよさを併せ持った床材です。

リビングの床材は、豪華な大理石やペットがいるならタイルも

豪華なリビングを目指すなら、大理石張りの床もステキです。玄関と同じくフローリングの上から重ね張りができます。ペットを飼っているなら、タイル張りもいいでしょう。タイルの床は掃除が楽で、床暖房システムを取り付ければ、夏涼しく冬暖かく、四季を通じて快適に過ごすことができます。

タイル貼り

床にタイルを張ったリビング。同シリーズの屋外用タイルを庭に張り、続き間のようなテラスになっている(LIXIL


大切なことは、その床の上でどんな風に暮らすかということ。我が家の暮らし方をよく考えて床材選びをしましょう。

次のページでは、子ども部屋を安全に清潔に保つ床材、階段板のリフォームです。