町並みにも調和した、洗練された都市型ホテル

 

 

飛騨高山で最初の都市型ホテルとして1972年にオープンした「ひだホテルプラザ」。
80室184名収容の皆美館タワー、50室205名収容の喜多館、95室288名収容の東館を備えた飛騨高山を代表するホテルです。

特に、2003年にオープンした皆美館タワーは、高山市内で一番の高層建築、まさにこの地のランドマーク的な存在。「ひだホテルプラザ」の最大の魅力は、洗練された都市型ホテルにもかかわらず、人気の観光地、飛騨高山にぴったりと調和している点です。

古い街並みなど高山散策に疲れた身体は温泉で癒したいもの。喜多館9階の展望風呂と東館地下1階の浮世風呂は、塩分を含む天然温泉で神経痛、筋肉痛、疲労回復に効果があり、ゆったりとお湯に浸かりたいものです。
 

 

 

 

高山市内には多くの飲食店があります。しかし、このホテルには高山名物の飛騨牛などを存分に味わえる和食、フレンチ、中国、さらには居酒屋やナイトパブ、コーヒーショップなどの飲食店があり、ホテル内で高山グルメを満喫できます。

また、観光地ならではのおみやげ名店街「ひだ小路」もあります。ここには、飛騨の味覚、工芸から旅先の必需品まで揃い、古い町並みの賑わいをそのままに堀割に木橋、植込みに格子戸と、雰囲気のある小路風の造りで人気があります。

※画像は自身で撮影もしくは先方の許諾を得たものです

■ひだホテルプラザ
住所:岐阜県高山市花岡町2-60
電話:0577-33-4600
アクセス:JR高山駅/高山バスセンターから徒歩5分
HP:www.hida-hotelplaza.co.jp/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。