老舗旅館でしか愉しめない「西の河原」の源泉を引湯

 

 

草津節で、「草津よいとこ一度はおいで」と歌われる草津温泉に、1913(大正2)年に創業した老舗の温泉旅館です。草津温泉ならではの温泉情緒が漂う「西の河原公園」の入口に、木造3階建ての重厚な和風建物を構えています。

和風の館内や客室には落ち着いた雰囲気に包まれ、大正ロマンが漂っています。露天風呂、大浴場、中浴場、家族風呂、足湯には、すぐ近くの「西の河原」の源泉が引き込まれています。

草津温泉の源泉には、7つの種類がありますが、「西の河原」の源泉を引湯している旅館は僅か6軒です。老舗旅館でしか愉しめない源泉なのです。酸性低張性高温泉の源泉は、柔らかに全身を包み、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩などに効能があると言われています。

食事は、部屋食を基本として、先付、お凌ぎ、八寸、酢物、お造り、煮物、洋皿、鍋、揚皿、椀、香の物がテーブルに勢揃いします。上州牛、合鴨、キジ、山菜などが、目にも舌にも快く料理されています。
 

 

旅館を出ると、そこはもう温泉街です。土産物屋や飲食店が軒を連ねる泉水通りを6分歩けば、草津温泉を代表するスポットの湯畑です。「西の河原公園」から湯畑までには、昔ながらの草津の温泉情緒が溢れています。

ホテルに隣接して、片岡鶴太郎美術館が建ち、温泉とともに芸術に浸ることができます。
木立に囲まれた玄関は四季折々の彩りをつけますが、特に秋の紅葉の時期には、鮮やかな紅葉の色彩で包み込まれます。

■草津ホテル
住所:群馬県吾妻郡草津町479
電話番号:0279-88-5011
アクセス:www.kusatsuhotel.com/hotel/access/index.html
HP:www.kusatsuhotel.com/hotel/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。