心のこもったおもてなしを受けられる宿

 

 

近露王子を経て熊野本宮大社へ向かう中辺路の途中にある民宿。「継桜王子」や「野中の清水」「一本杉」「秀衛桜」などの見どころへ歩いて3分以内という恵まれた立地にあります。

開業してからまだ日が浅いということですが、1日2組限定で、心のこもったおもてなしを受けられる宿として評判を呼んでいます。

そして、料理もこの宿の自慢のひとつ。長年の間、料理人として活躍していたご主人が作る料理は、地元熊野の食材を含め四季折々の山の幸をふんだんに使用したお料理。

前菜からはじまり、鍋もの、炊き合わせ、揚げ物などが次々と供されます。さらに、朝食も古道歩きの出発時間に合わせてくれる上に、少しずつたくさんの小皿が付く充実した内容です。

これなら、残りの古道歩きもスタミナ抜群。お茶付のおにぎり弁当も用意してもらえるのでぜひ頼んでみましょう。

宿泊料金は、シーズンなどにより異なる場合がありますが、1泊2食付きで基本、1人8085円と、お料理の内容から考えると、とてもお得な宿といえます。

※写真はお宿から使用許諾をいただいています。

■民宿つぎざくら

住所:和歌山県田辺市中辺路町野中403-1
電話:0739-65-0009
アクセス:阪和自動車道 南紀田辺ICから国道311号線50分
HP:www.kumano-travel.com/index/ja/action_ContentsDetail_Detail/id143

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。