大自然溢れる深い山間にある温泉で癒される

 

 

中辺路の近露王子にほど近い宿が「民宿ちかつゆ」です。近露王子は、熊野古道の滝尻王子から本宮大社のハイキングルートのちょうど中間点になります。

1日目を滝尻王子から近露王子まで歩き、2日目に近露王子から熊野本宮大社まで歩くのが、中辺路の王道ルートです。

「民宿ちかつゆ」には、温泉施設が併設されていますので、急坂などの難所が多い、滝尻王子から近露王子までの古道歩きの疲れを癒すのに最適です。

温泉の名は、「ちかつゆ温泉・ひすいの湯」といい、大自然溢れる深い山間にある温泉。お風呂の大きな窓を開けるとすぐそばに清流日置川の河原があり、開放感に浸ることができます。
 

 

 

 

夕食の楽しみは、名物の鮎めし。目の前の日置川は、鮎の川として有名で、その鮎を使って、鮎のかおりが引き立つ炊き込みご飯を出してくれます。その他、温泉で豆腐や季節の野菜を炊く温泉鍋も評判です。

宿泊料金は、1泊2食付きで大人8550円~、子供6450円~となります。この料金には消費税と入湯税も含まれています。

※写真はお宿から使用許諾をいただいています。

■民宿ちかつゆ
住所:和歌山県田辺市中辺路町近露401-12
電話番号:0739-65-0617
宿泊料金:1泊2食付き 大人8550円~、子供6450円~
HP:ameblo.jp/chikatsuyu/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。