安心の全部入り、日本語入力も強化

SOL22は、Xperiaシリーズならではのもう1つのポイントとして、日本向け機能の充実ということが挙げられます。ワンセグ、FeliCa、赤外線、さらには防水にも対応しているので、利用面での安心感は高いものとなっています。

ワンセグのアンテナも、内蔵型のホイップアンテナとなっており、au向けとしては前機種に当たるSOL21と比べ、利便性が大幅に高まっています。ワンセグは常時視聴するというより、スポーツ中継など“いざという時に見る”ことが多いもの。それだけに、イヤホンアンテナを常に持ち歩く必要がない、アンテナ内蔵型のSOL22は好感が持てます。
SOL22

ワンセグ用のアンテナは内蔵型。いざという時の視聴に便利だ

日本向け機能としてもう1つ、日本語入力エンジンの「POBox Touch」も注目すべきポイントです。SOL22のPOBox Touchはバージョン6.1となり、片手でも利用しやすいようキーボードサイズの調整ができるようになったほか、手書きによるかな入力だけでなく、漢字入力にも新たに対応するようになりました。手書き漢字入力は柔軟性が高く扱いやすいので、手書き派にはお勧めしたい所です。
SOL22

POBox Touchは新たに手書き漢字入力にも対応。入力枠の自由度が比較的高く、入力しやすい

SOL22は、5インチフルHDディスプレイに1.5GHzのクアッドコアCPU、2300mAhの大容量バッテリーと高い性能を備えつつ、スマートなデザインと安心の“全部入り”を実現。さらにニーズの高いカメラ機能を強化したことで、ハイエンドを求める人から日常使いを求める人まで、幅広い層をサポートする力を備えています。サイズがやや大きいのが弱みではありますが、満足度の高いモデルといえるのではないでしょうか。

【関連リンク】
Xperia™ UL SOL22 | ソニーモバイルコミュニケーションズ
Xperia(TM) UL SOL22スマートフォンau - au - KDDI


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。