スマートフォンでピントを合わせるコツ

でここではきわめて初歩的なことを説明します。初歩的といっても、案外おざなりにされていることだと思いますよ。

ピントがあったことを確認してからシャッターを切る

まず、本当に本当の初歩ですが、カメラを起動したら、シャッターをすぐ押さないことです。

スマートフォンにかぎらず、最近のデジカメにはオートフォーカス機能がついています。自動的にピントをあわせてくれる機能ですが、カメラを起動してからピントが合うまでに、ちょっとだけ時間がかかるのです。

ですから、よく液晶画面を見て、ピントがあったことを確認してからシャッターを切ります。

たったこれだけのことですが、心がけると失敗写真が減るものです。

何を写したいか考えてピントをあわせる

これだけじゃ流石に怒られてしまいそうですから、ピントのあわせかたについて、もうちょっと説明しようと思います。

わたしは iPhone4と5を持っています。ほかのスマートフォンを知らないので、iPhoneに標準でついているカメラで撮る時のコツをご説明します。

ピントは放っておいてもカメラが勝手にあわせてくれますが、iPhoneの場合、タップした場所にピントをあわせる機能がついていますから、これを活用しましょう。

貼付写真を見てください。
1

1枚目

1枚目はリカちゃん人形の顔をタップしてピントをあわせました。奥に見える黄色のキーホルダー(ケロリンの桶ですw)や、手前の起き上がり小法師はぼけたり白とびしたりしています。
2

2枚目

2枚目は奥の黄色いキーホルダーをタップしました。小さいのでわかりづらいかもしれませんが、リカちゃんや小法師はぼけて、キーホルダーの文字が少しくっきりします。
3undefined

3枚目

3枚目は足下の小法師をタップしました。先の2枚では白とびしてハッキリしなかった小法師の顔が少し鮮明になっていると思います。

どれが悪いというのではなく、何を写したいかでピントの場所を変えます。

たとえば風景写真ならば、手前に花が咲いており、奥に山があるとして、写したいのは山なのか、手前の花なのか考えるわけです。

iPhone以外のスマートフォンでも、デジカメの半押し機能のようなものがついていれば、好きな場所にピントをあわせられると思います。


■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。