海を眺望できる南房総
首都圏に近くて人気が高い「南房総」
リゾートマンション・・・と言葉をきいただけでも、非日常の世界に迷い込んだような、なんだか夢心地になってしまう響きがあります。

しかし、リゾートマンションも「マンション」というだけあって、実は管理についても考える必要があります。
「リゾートマンションを買う」シリーズ第3回目はリゾートマンションの管理面と、首都圏に近くて人気が高い「南房総」を取り上げてみました。

リゾートマンションの快適さは管理で決まる!

今、リゾートマンションは一時期に比べると非常に安くなり、車を買うのと同じような値段で購入することができます。共用の施設に温泉やプールがついていたり、ブロードバンド対応のマンションも増えているため、その内容に魅了されて購入される方も少なくないでしょう。

しかし、楽しいリゾート生活ができるか否かは管理体制にかかっているといっても過言ではありません。
清掃がキチンとされた玄関や廊下、フロントで入居者以外の出入りなどをチェックする体制、疲れを癒す
ための温泉に快適に入れる状態になっている・・・などの条件が整っていることで、私たちは安心してリゾート生活を送ることができます。そのため管理体制がしっかりとされているかということも、購入時に必ず確認する必要があります。

高い管理費

管理費を見てみると、一般の居住用マンションよりもリゾートマンションのほうが高くなっています。
それは、リゾートマンションには温泉やプール、レストラン、スポーツ施設・・・などの共用施設があることに加えて、それを管理、維持するための費用や人件費がかかるからです。

最近では、管理費などを減らすために週末しか温泉が利用できないリゾートマンションもあります。
セカンドハウスとして好きな時に好きなだけ利用したいという考えの人は、そのようなマンションは避けたほうがいいでしょう。

受けられるサービスも要チェック

リゾートマンションでは管理費の中からサービスが受けられます。といっても、ホテルなみのサービスを
期待することはできません。24時間常駐管理や宅配便取次ぎ、レジャー情報の提供、共用部分の掃除などは通常のサービスに含まれますが、シャトルバスの運行やレンタカーの取次ぎサービスを受けるとなると有料サービスとなっているマンションもあります。通常受けられるサービスの範囲も購入時に確認することが大切です。

南房総

南房総の特徴はなんといっても
・首都圏近郊
・白くて広い砂浜
・どこまでも見渡せる青い空と広い海  ・・・ではないでしょうか?

南房総にあるリゾートマンションは九十九里浜の白子から鴨川エリアに集中していて、その中でも30%が定住用として住んでいるとか。
部屋から海が見えて、しかも閑静なリゾート生活を望んでいるとしたら、南房総はお勧めですね。

南房総の気候

南房総は温暖な気候で、真冬でも霜が降りないため、花きの露地栽培が行われています。
また暖流の影響により、暖かく晴れた日が続いていて、気温も氷点下になることは少ないそう。
春先には、かなりの雨をもたらし、夏場は、海沿いのエリアは湿気があるため冷房と除湿は必要です。
防風と塩害についてもあわせて対策をとりましょう。

物件情報

中古物件を見てみると、築年数や広さや立地条件にもよりますが、1K+S(約37平米)で300万円というものや1LDK(約60平米)で約1000万円台もあります。
新築物件でも2K(約45平米)で320万円があったりと比較的安い価格の物件が探せます。
趣味で海に行く機会が多い人にとっては魅力的な条件ですよね。

ご参考にどうぞ。

交通に関して

<車で>
○首都高-高速館山道経由
 東京-(東関道/館山道:60分)-木更津南I.C. (R127:60分~90分)-南房総

○東京湾横断道アクアライン経由
 川崎-(アクアライン:20分)-木更津南I.C. (R127:60分~90分)-南房総

<フェリーで>
○東京湾フェリー経由
 久里浜-(東京湾フェリー:35分)-浜金谷(R127:40分~60分)-南房総
  
<電車で>
○JR特急さざなみ使用
 東京駅-(JR特急さざなみ:2時間19分(乗車108分 他31分))-富浦駅

※上記の情報はあくまでも目安としてお使いください
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。