インタビューを終えて

ということで、読んでいただいても分かるとおり、13歳とは思えない礼儀正しさと大人びた口調なのだ。この年齢で、ここまでの音楽性と認識力。一方で、笑顔が本当にかわいい少年。今後どこまで音楽の高みを上っていくのか、ますます楽しみに思ったのでした。

最後に牛田智大くんの今後のコンサート情報とプロフィールを。

牛田智大くん、コンサート情報

■牛田智大 ピアノ・リサイタル
日時:2013年9月7日(土)14:00開演
場所:東京オペラシティ コンサートホール(東京・初台)
曲目:
リスト『パガニーニ大練習曲より 第6番「主題と変奏」』
シューマン/リスト『献呈』
シューベルト/リスト『「白鳥の歌」“セレナード”』
ショパン『バラード第3番』
ショパン『前奏曲より 第15番「雨だれ」』
ほか

牛田智大くんプロフィール

1999年10月16日生まれ。生後すぐ、親の転勤に伴い上海で育つ。
幼少時よりピアノに関心を強く持ち、3歳より習い始める
ユンディ・リ、ラン・ランら世界的に活躍する中国人ピアニストに影響を受けたという
2005年4月(5歳)、第2回上海市琴童幼儿鋼琴電視大賽年中の部第1位
小学校入学時に帰国
2008年1月(8歳)、第9回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA 小学1.2年生部門 アジア大会金賞第1位
2009年1月(9歳),第10回ショパン国際ピアノコンクールin ASIAコンチェルトA部門 大会部門史上最年少でアジア大会金賞第1位
2009年3月(9歳)、東京ニューシティ管弦楽団と共演
2009年4月(9歳)、横浜開港150周年記念コンクール 小学生部門 第1位及び特別賞
2009年9月(9歳)、ピアニスト ラン・ラン氏自身に選抜され公開レッスンを受講
2010年1月(10歳)、第11回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA小学3.4年生部門 アジア大会金賞第1位
2010年3月(10歳)、第2回国際ヤングピアニストコンクールC部門第1位
2011年1月(11歳)、第12回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA大会コンチェルトB部門 大会部門史上最年少でアジア大会金賞第1位
2012年1月(12歳)、第13回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA 大会コンチェルトC部門第1位(大会部門史上最年少)
2012年2月(12歳)、第16回浜松国際ピアノアカデミー最年少合格による受講
同ピアノアカデミー・コンクールで第1位(史上最年少)
2012年3月(12歳)、『愛の夢~牛田智大デビュー』日本人クラシックピアニストとして史上最年少の12歳でCDデビュー
2012年7月(12歳)、東海テレビ・フジテレビ系全国ネット 昼ドラ「ぼくの夏休み」メインテーマのピアノ演奏を担当
2012年10月(12歳)、「リヒテンシュタイン~華麗なる侯爵家の秘宝」展 公式テーマ曲を作曲
2013年6月(13歳)、セカンドアルバム『献呈~リスト&ショパン名曲集』をリリース


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。