OGPの最小限の書き方

OGP(Open Graph Protocol)を使うと、ウェブページに関する様々な情報をHTML内に含めておくことができます。必要に応じて情報を追加できますが、必須項目は以下の4つだけです。とても簡単に記述できます。
  • ページタイトル
  • ページの種別
  • サムネイル画像のURL
  • ページのURL
これらの4情報を、以下のようなHTML(meta要素)で記述します。
<meta property="og:title" content="(タイトル名)">
<meta property="og:type" content="(種別名)">
<meta property="og:image" content="(画像のURL)">
<meta property="og:url" content="(ページのURL)">
具体的には、例えば以下のように記述します。
<meta property="og:title" content="OGPサンプルページ">
<meta property="og:type" content="website">
<meta property="og:image" content="http://guide.withabout.net/guide/gp332/420029/ogpsample.png">
<meta property="og:url" content="http://guide.withabout.net/guide/gp332/420029/ogpsample.html">
これらの記述を、HTMLのhead要素内に含めておくだけで、FacebookやGoogle+などのSNS上で言及された際に、自動的に読み込まれて表示に利用されます。

ページの種別を表す「og:type」の値
上記のサンプルの2行目にある「og:type」項目には、ページの種別を表すキーワードを指定します。例えば、以下のようなキーワードが用意されています。
  • ウェブサイトなら「website」
  • ブログ内などの記事なら「article」
  • プロフィールなら「profile」
  • 書籍に関する情報なら「book」
  • 映画に関する情報なら「video.movie」
  • 楽曲に関する情報なら「music.song」
使える記述内容は、OGPサイト内の「Object Types」項目に書かれています(英語)。

サムネイル画像を指定する「og:image」の値
上記のサンプルの3行目にある「og:image」項目には、任意の画像のURLを記述します。Facebookの場合、ここで指定する画像は、最低200×200px以上のサイズが必要です。推奨サイズは1,500×1,500pxですから(参考)、大きめの画像があるならそれを指定しておくと良いでしょう。

OGPを記述したページをFacebookとGoogle+の投稿欄に入力してみた例

上記の4項目だけを記述したサンプルページを用意しました。このページのURLを、実際に各SNSの投稿欄に記述すると、例えば以下のように表示されます。

サンプルページのURLを、FacebookやGoogle+の投稿欄に記述した例

サンプルページのURLを、FacebookやGoogle+の投稿欄に記述した例


左上の画像がFacebookの場合、右下の画像がGoogle+の場合です。どちらも、HTML内に記述されたOGPの情報を読み取って、タイトルや画像を表示しています。Facebook側では、ページの概要文も表示されていますが、これは「ページの先頭付近にある段落の文章」をそのまま掲載しているようです。

※概要文はOGPでは必須項目ではないため、上記のサンプルページでは記述していません。しかし、この「概要文」もOGPを使って指定できます。

さて、OGPには、上記の4項目以外にも、「ウェブサイト名」・「言語」・「概要文」など様々な情報を付加できます。また、サムネイル画像は複数個を同時に指定することもできます。OGPで指定できるオプション情報については、次のページでご紹介致します。