奇怪な見せ物の連続! キング・オブ・カルトの作品

■作品名
「恐怖奇形人間」
■監督
石井輝男
■主演
吉田輝男、土方巽

キング・オブ・カルトと誉れの高い本作は、名画座で繰り返し上映されるごとに新たなファンを獲得するという、非常に強い力を持った作品です。

監督は『網走番外地』『直撃!地獄拳』などのアクの強いアクション映画や、東映異常性愛路線で衝撃作を連発した石井輝男。

江戸川乱歩の『パノラマ島奇譚』『孤島の鬼』をベースに、『人間椅子』『屋根裏の散歩者』などなどをリミックスした空前絶後の本作。精神病院から逃げ出した人見広介が、自分と瓜二つの大金持ち菰田源三郎が死んだという新聞記事を見つけます。そこで、源三郎に成りすまし、精神病院の追っ手から逃げようと画策。無事に源三郎に成りすました人見の奇妙な生活が始まります。

源三郎の父・丈五郎は自らのユートピア設立を目指し、無人島で奇形人間を作り続けていました。自身の出生の秘密がこの島にあると知った人見は、尋常ではない光景と衝撃的な事実に遭遇。

丈五郎を演じる暗黒舞踏の創始者である土方巽の怪演は、何度観ても新しい発見があります。小池朝雄の素晴らしすぎるワン・アンド・オンリーな怪演。由利徹と大泉滉のネジの飛んだ怪演。とにかく、怪演に次ぐ怪演で全シーン見所となっています。

超高層ビルのエレベーターが一気に直下するような物語は、観るもの全てを呆然とさせる怒濤のラストシーンになだれ込んでいきます。国内ではソフト化されていませんが、海外では非常に事情溢れるパッケージでDVD化されています。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。