日本ではまだ珍しいアトラクションに挑戦!

 

 

ニュージーランドと言えば、柔軟な発想で新しい奇抜なアトラクションを生み出すことで有名な国。
あのバンジージャンプもニュージーランドが発祥の地ですものね。ゾーブは、そんなニュージーランド発の不思議なアトラクションのひとつです。

ゾーブ(Zorb)の語源は、ジーランドの「Z」と球体の「orb」からきているそうです。 3.2mの大きな外球の中に1.8mの内球があり、その内側の球の中に人が入って斜面を転がりながら、未知の空間を体験することができるアトラクションスポーツがゾーブです。

ゾーブには2タイプの遊び方があります。
ひとつはウェットタイプ。内側の球に水または温水を約40リットル入れ、ゾーブのみが回転しながら斜面を下りていきます。これが、まるで低空飛行をしているような、宇宙空間にいるような、なんとも不思議な感覚なのです。

そしてもうひとつはハーネスタイプ。こちらは体をゾーブ本体に固定して斜面を転がります。
つまり、自分もグルングルン周りながら坂の下に転がり落ちていくのです。絶叫マシン好きの方には、強くこちらをオススメします。

ゾーブを日本で体験できるところは珍しいですし、このふたつのタイプは似て非なるものですので、お時間があれば是非2タイプとも体験してみてくださいね。

※熊本県より使用許諾を得た写真を投稿しています

■ゾーブ体験

住所:熊本県芦北郡芦北町 大字鶴木山1400
電話番号:0966-82-5588
営業時間:4月~9月 10:00~18:00、10月~3月 10:00~17:00
定休日:月曜日
アクセス:www.ashikita.kaihin.hinokuni-net.jp/access.html
HP:www.ashikita.kaihin.hinokuni-net.jp/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。