博多の代表的な伝統工芸「博多織」が体験できる

 

 

■体験プログラムの名称:博多伝統工芸を体験

博多には昔から受け継がれる伝統工芸がたくさんあります。そんな伝統工芸を体験できる場所が「博多町家」ふるさと館です。

博多に伝わる伝統工芸の製作風景や実演を見学して、そのあとは実際に体験してみてはいかがですか?

体験できる内容は、「博多織」「博多張子」「博多独楽」「博多曲物」「博多人形」などです。曜日によって体験できるプログラムが変わりますので、事前にチェックしてから行きましょう。

博多の代表的な伝統工芸といえば、「博多織」です。

博多織の起源は鎌倉時代にさかのぼり、 博多の商人が中国へ渡り、織物の技術を持ち帰ったのが始まりであると言われています。

高価な博多織りは江戸時代には福岡藩が博多織を幕府に献上したことから、献上博多帯、献上柄といわれています。

そんな貴重な伝統ある「博多織」を無料で体験することができますので、お子さんから大人までとみなさんへおすすめします。

なお、博多織の伝統工芸師さん方が指導してくれますので、初心者でも心配なく体験できます。


【問い合わせ先】
■「博多町家」ふるさと館
住所:福岡県福岡市博多区冷泉町6-10
電話番号:092-281-7761
HP:http://www.hakatamachiya.com/index.html
営業時間:10時~18時(入館は午後17時30分まで)
休館日:12月29日~31日
入館料:一般200円、小中学生は無料
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。