珍しい品種もあるので、ハーブの新しい魅力も再発見できる

 

 

貸し農園としての機能を持つ「八ヶ岳あおぞら農園」。その一角ではそこで作られた野菜や果物などの収穫体験が楽しめます。なかでも若い女性に人気なのが、花摘み園に咲き乱れるハーブの摘み取り体験です。

5月下旬に植えつけられたハーブは、夏ごろには最盛期を迎え、10月下旬ごろまで楽しめます。カモミール、セージ、ダリア、ライムライトなど様々な種類のハーブをいっぺんに目にすることができるのはここ花摘み園ならでは。花屋さんでもここまでの品ぞろえはありません。珍しい品種もあるので、ハーブの新しい魅力も再発見できます。

薬効成分に優れたハーブ。なかでもおすすめなのがミント。ミントは丈夫なので、家に持ち帰って土に植えかえると、面白いほどに増えます。料理に気軽に使えて便利。冷たい水に浮かべればミント水が楽しめます。

摘み取ったハーブは花束のようにラッピングしてくれて、そのまま乾燥させればポプリにも利用でき、うれしさ2倍です。


■八ヶ岳あおぞら農園
場所:山梨県北杜市大泉町西井出3818
電話:090-6538-6152
営業時間:5:00~12:00  
開催期間:5月下旬~10月下旬
費用:800円から(種類によって異なる)
アクセス:JR中央本線「小淵沢」駅よりタクシーで15分
HP:http://net-farmers.com/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。