和の文化を存分に体験、体感することができる「根津美術館」

 

 

 

 

■体験プログラムの名称:茶席

オシャレなショップやビルが立ち並ぶ青山に佇む「根津美術館」は、一歩中へ入った途端、「和」と「庭園」、「自然」を感じることができる都会のオアシス的存在です。

建築家隈研吾氏による建物は、全体的にどこか和風家屋を思わせる大屋根が印象的です。

美術館の中からは大きな窓越しに広大な敷地が広がる庭園を臨むことができ、まばゆい緑が視覚を楽しませてくれます。

絵画・書蹟、青銅器、茶の湯の美術などそれぞれの特性に合わせた、趣の異なる6つのギャラリーが設けられており、和の文化を存分に体験、体感することができます。

庭園は4棟の茶室を含む1万7000平方メールにおよび、四季を通して自然観察を楽しんだり、庭園散歩を楽しんだりと、思い思いの時間を都会にいながらにして体験することができます。庭園内には、「NEZUCAFE」があるので、休憩しながら庭の緑を観察するのもおすすめです。茶席やさまざまな石造物を間近に観察できます。

また、根津美術館では茶道にある程度習熟した方を対象として、より一層、茶道や美術に対する造詣を深める「青山茶会」を催しているそうです。

素敵なロケーションが広がる美術館でのワンランク上の大人の茶会を体験してみてはいかがでしょうか。


■根津美術館
住所:東京都港区南青山6-5-1
アクセス:地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 〈表参道〉駅下車 A5出口(階段)より徒歩8分
電話:03-3400-2536
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。