まいど、相場の福の神こと藤本です。

アベノミクス効果により、東京株式市場は依然として堅調です。その中でも、東証マザーズやJASDAQなどの新興市場がすごい勢いで上昇しています。5月の3週目には高値警戒感から急落する局面もありましたが、すぐに切り返しの動きとなっています。

新興市場が堅調な中、株価指標面では割高な銘柄が多くなっています。今回は、配当利回りが約4%超と割安な銘柄として、【3646】 駅探 (東証マザーズ) をご紹介します。

【3646】 駅探 (東証マザーズ)

駅探 ホームページ

駅探 ホームページ

電車やバスなどの経路検索サービス「駅探」を運営。携帯会員課金のいわゆるBtoCのビジネスと、別の法人向けに検索サービスを提供するBtoBのビジネスが収益の両輪となっています。

課金ビジネスでは、いわゆるガラケーでの会員課金が主力だったため、ガラケーからスマホへの移行に伴いガラケーでの会員数減少が課題でした。しかし、スマホでの課金が軌道に乗り始め、再度成長路線に入ったようです。

東京メトロ、21日正午からほぼ全線で携帯通信OKundefinedネット対応を加速(出典:産経新聞ニュース)

東京メトロ、21日正午からほぼ全線で携帯通信OK ネット対応を加速(出典:産経新聞ニュース)

東京メトロ全線でのネット利用が可能になったことにより、地下鉄での携帯アプリの活用が増加しています。乗客に混雑状況を投稿しもらい、その情報を配信することにより「駅探」のサービスを向上させています。

■株式データ
株価 495円(5月17日終値)
単元株数 100株
予想PER(単独) 16.4倍
PBR(単独) 1.55倍
予想配当利回り 4.04%
時価総額 約34億円

■株価の推移
日足チャート(出典:Yahoo!ファイナンス)

日足チャート(出典:Yahoo!ファイナンス)

平成11年3月公募価格2780円で上場、上場直後に5780円の上場来高値を付けました。その後、11年9月に1:4の株式分割を行っています。平成12年5月20日に370円の上場来安値を付けてからは反発局面に。今年の5月9日には戻り高値632円をつけましたが、その後は反落して500円前後の推移となっています。

■注目ポイント
ネット関連企業の場合、割高で配当利回りが低かったり、無配の会社が多かったりするのですが、同社は株価指標面で見て割安で、予想配当利回りも約4%超と高いです。スマホ経由での会員数増加を期待して、高い配当をもらいながらじっくり中・長期投資するのがおもしろそうな銘柄です。


【関連記事】
決算発表直前!「女性の活用」で伸びる新興市場銘柄
NTTドコモを抜く?ソフトバンクの動向に注目


*投資判断の参考にするための情報提供を目的に作成されたもので、投資の勧誘ないし特定の銘柄を推奨するものではありません。投資に関する最終決定は、ご自身で判断されるようお願いいたします。
*正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。
*藤本が個人的な考えを掲載したものであり、藤本が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。