カード&電子マネー時代は「つもり貯金"メモ"」で貯めよう

「つもり貯金メモ」なら、家計簿をつけるのがニガテな人でも、きっと続けられますよ。

「つもり貯金メモ」なら、家計簿をつけるのがニガテな人でも、きっと続けられますよ。

貯蓄初心者にオススメしたいのが「つもり貯金」です。何かを買おうと思ったときに、やっぱり我慢したり、やめたりしたときに、その分を貯めていく貯蓄法。実際にやっていらっしゃる方からは、「楽しい」という声がよく聞かれるんですよ。

昔から言われているこの「つもり貯金」は、「100円我慢したら100円を貯金箱に入れましょう」という方法でしたが、今はクレジットカードや電子マネーの全盛期。現金を貯金箱に入れることは、日々の習慣にはあまり合っていないですよね。

そこでオススメしたいのが、「つもり貯金"メモ"」。100円我慢したら、メモに「100円」と書くのです。自宅のパソコンでエクセルの表を作っても、手帳の一番後ろのページに書きこんでいっても、スマホのアプリを使っても、どんな方法でも構いません。

毎日少しずつ、「つもり貯金メモ」の金額が増えていくと、貯まる実感がわいて楽しくなるはず。100円、200円は小さな金額のようですが、積もり積もっていくと大きな金額に。毎日200円の「つもり貯金メモ」でも、1カ月で6000円になります。

我慢しすぎには注意!「つもり貯金メモ」は楽しくやろう

「つもり貯金」の例としては、こんなことがあげられます(あくまでも一例です)。

●コンビニでお菓子を買うのをやめたら、「お菓子 250円」などと記入(ダイエット中の方は、ダイエットにもなりますね)
●お酒が好きな方は、休肝日を設けて、「ビール2本 300円」などと記入
●国民年金保険料やNHK受信料を、月払いから1年前納のまとめ払いにして、浮いた金額を記入
●昼食のメニューを、1080円のものから780円のものを選んだら、「差額300円」と記入
●買おうとレジまで持っていきそうになった洋服を、「やっぱり家に同じようなものがあるな」などと気付いてやめた場合は、その洋服代を記入
●ネットショッピングでは、ポチっと押して購入しそうになった直前で、「やっぱりやめよう」と思ったら、その金額を記入
●実家からお米を送られてきたら、スーパーでの値段を記入
●タクシーに乗りたいところ、歩いたときはタクシー代を記入
●お弁当を作った日は、外食との差額を記入(500円、など)
●飲みものを持参した日は、外で買ったときとの差額を記入
●割引券を使ったら、割引された金額を記入
●外食する予定だったのを、自炊することにしたら、その差額を記入

などなど……。

いかがでしょうか。ちょっとがんばって節約をしたときに、具体的な数字を書くことで、「節約できている」「貯まっている」という実感がわいてくるはずです。

ただしここで注意したいのが、「我慢しすぎちゃうこと」です。節約のため、ひたすら我慢我慢……では、いつかストレスが爆発して、散財につながってしまいます。お金は本来、「使うため」のもの。ときには値段を気にしすぎず、自分にご褒美をあげながら、楽しい毎日にしてみてください。

「つもり貯金メモ」は、がんばりすぎず、ゲーム感覚で楽しむのがコツ。ぜひ試してみてくださいね!

【関連記事をチェック!】
意外?将来の「貯まる」につながる出費アイデア5つ
GW突入前に!銀行関係でやっておきたい3つのこと
貯蓄の達人に学ぶ!”プチ贅沢”のボーダーラインは?