ワンランク上のiPhone撮影テクニック

現在iPhoneが普及し、iPhoneカメラの画質も飛躍的にキレイになっているので、デジカメを持ち歩かずに、旅行やSNS用、記念日や家族の写真などiPhoneカメラで撮影する機会も多くなっていると思います。そんななかもうちょっと意図した写真を撮りたいとか、機能を使いこなしたいという方も増えていると思いますので、そんな方たちの為に今回はちょっとした撮影テクニックをご紹介したいと思います。


露出補正

撮影した写真が明るく(または暗く)なってしまった経験があると思います。そんな時は撮影画面で適正の明るさで撮影したい部分をタップします。そうすると、明るい部分は暗く、暗い部分は明るくなるので、すかさずシャッターをきりましょう。


HDR

これはハイダイナミックレンジの略で、1枚の写真の構図の中に明るい部分と暗い部分がある写真を合成してその明暗差をなくすものです。例えば公園で撮った写真で日陰の部分は暗く、空が白くなりすぎてしまったことはないでしょうか。そんな時に活躍してくれるのが、このHDR機能です。

光の明暗差のあるレストランでの料理写真や店内の写真など様々な場面で良い瞬間が撮影できそうですね。


撮影ボタン

普段みなさんは撮影画面の中のカメラアイコンをタップして撮影していると思います。それ以外にも、実は音量ボタンでも撮影する事ができるんです。特にヨコ位置で構えた時に重宝しそうです。

それ以外に、iPhoneにイヤフォンを接続している時の音量ボタンでも撮影することができます。旅行先で友達との集合写真、自分撮りにも使えそうですね。

説明画像-5

右手のひと差し指部分の音量ボタン。



パノラマ

雄大な景色や臨場感をパノラマでおさめたい!という方にオススメの機能です。今まではパノラマ写真を撮るのは結構大変なことだったのですが、iPhone1台あればそんな写真が撮れてしまいます。
方法はいたって簡単。

■1. カメラをたちあげ、撮影の画面上部のオプションをタップ。
説明画像?1

撮影画面上部のオプションをタップ。


■2. 中央上あたりのパノラマをタップ。
説明画像-2

パノラマをタップ。

■3. 両手でしっかり構えましょう。撮影ボタンを押したら、カメラの中心をぶらざずに、ゆっくりと矢印の方向に動かします。
説明画像-3

両手でしっかり。

この画面の矢印内の部分をタップすると矢印の方向が変わるので、逆方向からも撮影することができます。


パノラマ機能を使って撮影した作例

まずはパノラマ機能を使う前の写真。
パノラマ1

パノラマ使用前


パノラマ機能を使って撮影した写真。
パノラマ2

パノラマ使用後

同じ場所から撮影したものなのですが、この臨場感の違いはすごいですね。パノラマ機能を使ったら、旅行や普段見ている景色などが改めて新鮮に映しだされることと思います。

iPhoneカメラを使いこなして、より豊かな生活を送れることを期待して……。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。