準備運動の後のリラックス法

最後に、全身を伸ばして更なるリラックスを目指します!

息を吸ってつま先で立つ

息を吸ってつま先で立つ

1. 手を組んで、息を吸いながらつま先で立つ。

【ポイント】
視線は水平にして、遠方を見ることで心と体が解放されます。

 

息を吐きながらフワリと着地

息を吐きながらフワリと着地

2. 息を吐きながら一気にかかとでフワリと着地します。

【ポイント】
腕が自然に止まるまで、前後に揺らしたままにします。

 

1と2を数回繰り返したら、準備運動は終了です。

この時、体は温まってゆるんでいる状態ですので、喉の渇きを感じたら冷たい飲み物は避け、常温の水で水分補給します。

体力と時間に余裕のある時は、足を大きく開く運動などを少しずつ取り入れていくと、準備運動で動かした細かな筋肉と、全身を支えている大きな筋肉が連動して動くようになり、基礎代謝が上がります。

 
準備運動で全身の可動ポイントを動かしていくと少しずつ体が柔らかくなります

準備運動で全身の可動ポイントを動かしていくと少しずつ体が柔らかくなります


太極拳の準備運動の考え方はとてもシンプルです。
自分の体がどのように動くのか、心と体で感じていく作業です。

感じるだけで体は自己調整機能により整っていきますので、自然に太極拳の動きを行えるようになります。

☆太極拳についてもっと知りたい方はこちら...>> 「太極拳の基礎知識」



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。