BBクリームといえば、美容液や乳液、化粧下地、日焼け止め、コンシーラー、ファンデーションといった機能を兼ね備える万能ぶりが受け、今やすっかり定番アイテムとなっていますよね。そして今、そのワンランク上の仕上がりを叶えてくれると話題なのがCCクリーム。

CCの意味は“COLOR CONTROL”だったり“COMPLETE CORRECTION”だったりとブランドによってさまざまで明確な定義はありませんが、スキンケア効果や肌色補正効果に優れているというのが共通の特徴です。

すでに気になっている人も多いかと思いますので、今回は代表的アイテムを3つ、ご紹介します!


紫外線を防ぎながら魅力的な肌を演出

undefined

UVカットしながら気になる黄ぐすみもカバー

ランコム「レネルジー M CCクリーム」(SPF30)40ml、8400円

まずは昨年秋にいち早く発売されたのが、ランコムの「レネルジー M CCクリーム」。スキンケアの仕上げに使う日焼け止めクリームという位置づけのアイテムです。SPF30の紫外線防止効果を持ち、ほんのりベージュがかったクリームが肌を引き締めながら光をコントロールして、気になる黄ぐすみを補正。若々しいツヤ肌へと導いてくれます。

朝、仕込んでおけば、肌の美しさを一日中しっかり底上げしてくれる頼もしい存在。顔だけでなく、首の紫外線対策やくすみカバーにも効果を発揮します。


肌にやさしく簡単キレイ! 驚きの1本5役

undefined

ブームの火付け役ともいえる存在

シャネル「CCクリーム」(SPF30/PA+++)30ml、6615円

さらなるブームを加速させたのが、今年初めにシャネルから発売された「CCクリーム」。スキンケア効果とメークアップ効果を併せ持つ1本5役の便利アイテムです。カバー力がありながらも伸びが良く、肌色を自然に明るくトーンアップしてくれるので、上にパウダーを重ねても、これ1本でそのままお出かけしてもOK。

紫外線吸収剤フリーで肌にやさしく、海洋由来成分やヒアルロン酸といったハリ・うるおいチャージ成分も配合されているので、使い続けることで美肌に近づけそう。ふわっと漂う優雅な香りもシャネルならでは!


パフで瞬時にツヤ肌、乾かない!

undefined

グリーンティ成分配合で鎮静効果も

アモーレパシフィック「トリートメント カラーコントロール クッション(CCクッション) SPF50+/PA+++」15g×2、5880円
2013年5月3日発売予定

これからの注目株は、5月に日本発売を果たすアモーレパシフィックの通称・CCクッション。すでに発売された韓国では「乾燥しない」と口コミで広がり、大ヒットを記録しているとか。

保湿に優れミネラル豊富なバンブーサップ(竹の樹液)ベースをリキッドにしてコンパクトに封じ込めた、ユニークな形状。専用パフでスーッと肌に伸ばした後、ポンポンとタッピングするとみるみるツヤが増していきます。手を汚さずに付けられる上に、ひんやりとした心地よい感触もクセになりそう。厚塗り感がないのに、SPF50+/PA+++と最高レベルの紫外線防止力で肌を守ってくれるのは心強い限り。


このように、ユニークなアイテムが次々と登場し、これからも目が離せないCCクリーム。“BB”だけでは飽き足らない、さらなる上質肌を目指す女性にとっては要注目です!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。