生地を切るだけで完成の簡単スカーフ

 

 

夏場はコットンのTシャツ生地を細長く切ってスカーフにしたものをカバンにいつも入れています。
そろそろ日焼け止めの効果が落ちてきたな、
という頃に首に巻いて紫外線を防ぐのになかなか便利です。
繊細な生地ではないのでクシャッっと丸めてカバンに入れておけますし、
汗をかいても洗えるので使い勝手が良く気に入っています。

 

 

写真の生地はマリメッコのボーダーTシャツに使われている生地。
洋裁の後に細長い形に生地が余ったのでちょっと形を整えたら、端っこがクルッと丸くなり、
スカーフのようになったのでそのまま使っています。
生地を切るだけでできるので、とにかく簡単。
今年の夏用にもう一つくらいつくりたいなと思っています。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。