斜塔を支えて、ハイ、チーズ!

 

      ピサの斜塔

地動説を唱えたガリレオ・ガリレイが“物体はその質量に関わらず、同じ速度で落下する”という『落体の法則』の証明実験を行ったという逸話で知られているピサの斜塔。

実際はこれはガリレオの弟子ヴィヴィアーニの創作で、ガリレオは別の実験で証明したそうですが、そんなエピソードが生まれるほど当時から有名だったことの現れですよね。

高さ55m、重さ14,453t、傾斜角度は3.99度。1173年に着工したものの、1185年の時点ですでに傾き始め、傾斜を是正するべく何度も修正を試みたものの、総て失敗。結局傾いたまま、1372年に完成しました。

オリジナルの計画ではさらに高い塔になる予定だったそうですが、高さがあるよりも今みたいに傾いている方がユニークで楽しいですよね。イタリアを代表する観光名所になったのも傾いているがゆえですし。

しかも実際の斜塔は写真で見るよりも傾いています。最近のカメラはとても高性能で、勝手に修正してしまうのだそう。そのため、やはり自分の目で見ると、迫力は段違い。

 

 斜塔と大聖堂

 

 大聖堂広場

ツアーでは塔に上れないのは残念ですが、大聖堂や洗礼堂は拝観できますし、フィレンツェからバスで往復できるので、個人で行くにはちょっと自信がないという人やツアー旅行のフリータイムを利用してピサに行きたいという人にお勧めです。

撮影者より許諾をいただいた写真を投稿しています。
撮影者:Lee Cannon(1枚目)、House of Hall(2枚目、3枚目)

■「傾けど倒れず」ピサの斜塔半日観光ツアー
価格:大人€ 45~、子供(2~11歳) € 31~
言語:日本語
所要時間:約4時間30分
開催曜日:毎日
催行会社:マイバス イタリー
HP:http://www.alan1.net/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。