恋の狂気をまっすぐに歌う名曲

1993年リリースのこの曲の題名をはじめてみた時、思わず二度見してしまいました。皆さんはどうでしたか? この曲を世に送りだしたアーティストのB'zは、いつもジャパンポップの先端を行くというか、新しいことを始めるというか。彼らがこの長い題名の曲をだしたときはじめて、

「なんだ、曲名って短くなくていいんだ!」

そう膝を打った、多くのアーティストがいたのだと思います。単なる一視聴者のわたしがそう思ったのですから。そして、その後の曲にやたらと長い題名がつくようになったのも、それを証明している気がしますが、どうでしょう?

まぁ当時すくなからぬ衝撃をくれた題名についてはこれくらいにして、曲そのもの、特に歌詞について語らせていただきましょう。

彼らの歌にはつねに唸らされるのですが、曲のなかで繰り返し歌われる題名のフレーズといい、

「太陽が凍りついても 僕と君だけよ消えないで」
「他人(だれか)の血が流れても 一途な想いをふりかざそう」

どうでしょう? まるで狂信者だと、この部分のフレーズをまじまじと見た旦那様は呟いていましたが、そうですよね。これは恋に狂った者の歌なのです。そしてそれを高らかに、居直って歌い上げることのできるB'zというアーティストは、やはり天才なのだと思います。

恋や愛は、振りかざしているもんであって、リリカルでも甘酸っぱくも、柔らかくもなかったな。ロックなビートにのってその事実を突きつけてくるこの曲で、あなたも衝撃を受けてみませんか。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。