年度末にしたいこと

新年度を迎える前に家計を改善!

せっかくつけた家計簿、きちんと活用しましょう。毎月の振り替えに加え、1年の振り返りをすると申し越しがsンばれそうな所や、節約のポイントがわかるかも。

間もなく4月を迎えるに当たり、新社会人を迎える準備や、配置換えで来る職員を迎えたり、今までいたベテランさんを送りだしたりと、あわただしい生活を送っていると思います。そんな中、4月から給与体系も変わる、給与以外の手当部分の支給が変わる、という方もいるのではないでしょうか。こういう時こそ、家計を見直し、改善するチャンスです。少し時間を割いて、この一年の家計を振り返り、来年度の目標を立てることに取り組んでみてください。
家計をうまく回せていない人も、「振り返る」という作業によって、必ず何らかの改善点が見つかると思います。改善点がわからないまま新年度を迎えるのと、見定めてから迎えるのとでは、スタートダッシュがまったく違いますよね。

 


そこで今回は、その「振り返り方」と「目標の立て方」についてお話しします。

振り返りで予算と実態のかいり具合を確認

毎月の支出の振り返りをしている人は結構いるかもしれないですが、過去1年分の家計簿を振り返る人はあまり多くはなさそうですね。でも、1年分の家計簿を見直すことは、事前に立てた予算と実態がかけ離れていないかを確認することができるので、ぜひやっていただきたいことです。
家計簿をつけず、用途別に財布を分けたり、予算を封筒ごとに分けて家計管理をしている人も、一年間、自分が無理なく予算を守れていたかどうか、この機会に検証してみましょう。

予算と実態がかけ離れているのなら、予算設定に無理があるか、浪費傾向が強いと考えられます。反対に、いつも予算が余ってしまう費目があれば、その余る金額を使いすぎている費目に充てることができるでしょう。そうやって配分を再検討してみる余地は大きいものです。

また、費目ごとに一年間の出費の平均値を計算してみることも有効です。食費の1ヵ月平均が4万7400円だったら、「まだ削れる余裕があるから、来年は4万3000円を目指してみよう」などと考えることもできますね。同様に、1ヵ月の貯蓄の平均が3万7700円だったら、「切りよく4万円とするため、もう少しどこか別の費目を削って貯蓄に充当しよう」といったアイデアが出てくるかもしれません。

こうして「振り返り」や「平均を算出する作業」を行うと、内容はまちまちでも、必ず何かしらの発見があるはずです。予算というのは、生活の中で多少は変わるのが当然です。最初に決めたルールを守る気持ちは重要だが、それに固執する必要はなく、むしろ臨機応変に計画を見直し、メンテナンスしていくのが大切です。