東京の新名所「KITTE」の見所は?

「KITTE」には全国各地のスイーツ店が勢揃い。関西の人気パティスリーも出店。

「KITTE」には全国各地のスイーツ店が勢揃い。関西の人気パティスリーも出店。

2013年3月21日、東京駅丸の内のJPタワー内に「KITTE(キッテ)」が新たにオープンします。もと中央郵便局のあった場所に建て替えられたビルで、東京駅から直結とアクセス至便。日本郵便株式会社が手掛ける初の商業施設となり、共通テーマは「Feel JAPAN」。地下1階から6階まで、日本の全国各地で愛されるスイーツや惣菜、弁当などの人気店・老舗の味を伝えるショップとレストラン、日本のモノ作りを伝える雑貨店やアパレルショップなどが全98店と勢揃いしています。
「KITTE」地下1階の見所は、地元素材を使ったご当地スイーツ。九州のパティスリーが手掛ける新しいさつまいもスイーツに注目!

「KITTE」地下1階の見所は、地元素材を使ったご当地スイーツ。九州のパティスリーが手掛ける新しいさつまいもスイーツに注目!

中でも注目の集まる地下1階「KITTE GRANCHÉ (キッテ グランシェ)」は、壮大さを意味する「グラン」が、全国から集めたという規模感を表現。さらに賑やかな売り場をという思いを込めて「市場」を意味する「マルシェ」と組み合わせた造語から名づけられました。

全国各地から東京初登場25ショップを含む34ショップが出店し、北から南まで、ご当地グルメが勢揃い、地方の魅力を発信します。まさに東京駅ならでは、そして、全国各地に手紙やはがき、小包等を届け、人と人の気持ちを繋いできた日本郵便ならではのコンセプトの施設です。

それでは、次のページから、東京初出店や初業態となる注目店と、ぜひ食べておきたいスイーツをご紹介します。最初は、関西の人気フランス菓子店で、ケーキやできたてのデザートがいただけるサロン併設のお店です。