パワーストーンに変化が起きたら……

パワーストーンブレス事典

大切にしていたパワーストーンが割れたら、色褪せたら、どうしますか?


ずっと大切に身につけているパワーストーンに、何か変化が起こることがあります。色が変わったり、割れてしまったり。そんな時、どうしたらいいでしょうか?この記事を参考にしてみてくださいね。

●パワーストーンの色が変わってしまったら
紫外線で退色してしまう石があります。石によって、太陽光や水と相性のよくない石もあるので注意しましょう。身に覚えがなく、色が変わってしまった場合はきちんと浄化し、それでも色が戻らない場合は、新しい石に取り替えた方が良いでしょう。

●ブレスレットが切れてしまったら
耐久性やさまざまな理由でブレスレットが切れてしまった場合は、感謝の気持ちを込めて土に埋めてあげましょう。

●パワーストーンがひび割れてしまったら
パワーストーンは、持ち主の身代わりになってくれることがあります。ひびが入ったり、割れたり、ネガティブなエネルギーを吸収して色あせてしまうことがあります。ひび割れた石は、役目を終えたということ。土に返してあげましょう。

●大切なパワースト―ンブレスを失くしてしまったら
パワーストーンを失くしたということは、その石が役割を終えたことや持ち主と波長が合わなくなったことを意味しています。石のことを思いながら感謝しましょう。

●パワーストーンの処分法は?
感謝の気持ちを込めて、土に埋めたり、川や海へ流しましょう。また、神社やお寺などのお守りの納め所に持っていくのも良いでしょう。

●願いが叶った後のパワーストーンは?
願いが叶った時は、石が役目を終えた時ですので、「ありがとう」と気持ちを込めて、土に埋めてあげてください。
 
 

パワーストーンブレス事典

「願いを叶える パワーストーンブレス事典」


こちらで紹介している他に、
たくさんのパワーストーンを詳しく紹介しています。

日本パワーストーン協会編著
願いを叶える パワーストーンブレス事典
(パッチワーク通信社)1,500円





【関連サイト】
・楽習フォーラム
日本パワーストーン認定講座