マクロからワイドまでさまざまな海の生物が棲んでいる
「勝浦・志村ビーチ」

太平洋に面した房総半島・勝浦は昔から漁業が盛んな街です。勝浦の沖合が、黒潮(暖流)と親潮(寒流)がぶつかる栄養豊富な潮目の海のため、大型回遊魚から熱帯魚まで多くの魚類がいるのです。

勝浦の海底にはドロップオフやクレバスなど、ダイナミックな地形が広がり、マクロからワイドまでさまざまな海の生物が棲んでいます。

そんな勝浦のダイビングポイントの中で、初心者でも楽しめるのが、ビーチからエントリーできる「志村ビーチ」です。勝浦海中公園内の、かつうら海中展望塔に接するエリアで、西の根・東の根・沖の根とエリアがとても広いのが特徴です。

このポイントは、養殖所跡地からエントリーします。最深水域は約15メートルですが、平均は6メートルほどで、浅瀬も多いので入りやすく講習、体験にも多く使われています。

「志村ビーチ」では、ソラスズメダイ、カゴカイダイ、ドチザメ、メジナ、クロダイ、ネンブツダイ、タツノオトシゴ、ウミウシなどの魚たちを見ることができます。

なかでもビーチのアイドル・タツノオトシゴは年間を通して見ることができます。また、小さくて可愛らしいゴマフビロードウミウシも生息しています。

■ダイビングサービス:勝浦ダイビングサービスほか


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。