タッチパネルは使いやすい

win8

 

良い点

win8の良い所は、なによりも、起動がとても早いことです。ぴっと電源を押したら、ぱぱぱっと起動します。私は基本macユーザーですが、起動が早いと言われているmacよりも起動が早くて驚きます。

それからもうひとつ、win8はタッチパネル対応なのがおもしろいです。タッチ対応の液晶のPCを選ばなければいけませんが、win8搭載のPCを購入するなら、タッチ対応のほうがよりwin8を楽しめます。スタート画面で本をめくるように、アプリケーションを選べますし、全体に表示が大きくて見やすいです。

スタート画面は、PCを知らない初心者が視覚的に判断して使用しやすいですし、タッチ対応だとダブルクリックとかが苦手な方が、指でタッチしたり画面を移動させたりと、わかりやすく使いやすいOSです。

悪い点

それは、操作性の悪さです。これまでのwinに慣れ親しんでいた人には、とても戸惑うと思います。今までのwinユーザーを無視したつくりに、立ち上げた瞬間から驚愕することでしょう。

スタート画面の扱いがまず、まったく分かりませんし、私も最初はシャットダウンすらできず、どうしたら良いか分かりませんでした。シャットダウンの出来ないwinユーザーが続出です。シャットダウン画面をどうしてあんな分かりにくい、シャットダウンしにくい場所に作ったのか不思議でなりません。

それと、スタート画面からひらいたアプリのツールバーが無くて、不便です。クリックすると出て来るのですが、出て来る場所が下の方で、アイコンも何を意味するのか悩みました。

今までの知識で使用するには、まったく違う構造なので、探しているモノが見つからなかったりします。

満足度

私の現時点での満足度は、10点満点7点です。

まあ、いずれ新しいモノが出て来るので、「新しい」「初めて」を面白いと感じるまで使い込めば、悪い点も、いずれ良い点に変わると思います。タッチパネルがかなり使いやすかったので、PC初心者の母に是非プレゼントしたいと思います。



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。