道場主の運営方針と、自分の目的が合うか

夫が剣道2段なので、その言葉を借りて書かせて頂きます。

まず剣道で「何をしたいか」によります。
剣道を楽しみたいのか。
剣道でひたすら勝ち進みたいのか。
剣道そのものを極めたいのか。
などなど。

道場主の運営方針はそれぞれです。まずは自分の目的に合ったところを探さないと、後で「こんなはずじゃなかった」と後悔することになります。

楽しみたい人にとってみれば、「勝ち進む」に重きを置いたところに行けばおそらく練習がハードすぎて付いていけないでしょうし、極めたい人にとっては内容に偏りがあると感じることでしょう。

勝ち進みたい人にとってみれば、それを重点的に練習している道場以外では物足りなさを感じるはず。

剣道そのものを「極めたい」という人にとっては、そもそもこの質問すら愚問かもしれません(と夫が申しております)。

どちらにせよ可能な限りいろんな場所の見学をして、道場主さんのお話を聞き、またこちらからもいろいろ質問をして、自分の希望に見合う場所を選びましょう。こちらは初心者なので何も分かりませんし、ズバリ「方針を教えてください」とお尋ねしてしまうのもアリかもしれません。

もしそこが思っていた通りの場所でなかったとしても、また、あくまで慎重に選びたいと思うなら、尋ねれば他の道場を教えてくださるかもしれません。そのほうが道場主さんにとってもいいことでしょう。

ちなみにうちの夫の家系は剣道一筋だったので、道場は選ぶことなく決まっていたそうです。そこにかつて所属し、今は亡き義祖父が剣道八段という最高位だったそうで、剣道の普及に尽力したという感謝状が実家に飾られています。そのおじいちゃんスピリットが夫や夫の姉にも受け継がれているようです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。