外国人の彼からのプロポーズ

彼はヨーロッパの人で日本語は話せないのですが、事前に日本に行った際に両親に日本語で
「お父さん、お母さん、娘さんを僕に下さい。」
と言ってくれました。ですから、私たちがなかなか日本に行く機会もないのでプロポーズする前に親に了承を得てきました。

その三ヵ月後私の誕生日はサプライズの日で、たくさんの誕生日プレゼントがびっくりするタイミングで用意されていました。

夕方仕事終わってから水泳セットを準備しておいてと言われ、行き先は秘密ということで、街の豪華スパへ連れて行ってくれました。

その後の夕食は世界的有名な三ツ星レストランにテーブルをとってくれていて、「どこに行くか秘密だけどとびっきりお洒落してね。」と、本当にびっくりしました。

そこまでしてもらっていたのでまさか今日はプロポーズなんてあるわけないと思っていたら、食事のデザートにロウソクがついていて誕生日を祝ってくれた後、
指輪ケースを差し出して、
「僕と結婚してほしい。」と言われました。
私は「もちろん!」
と答え、ドキドキしながら包みをあけたら、ダイヤの指輪でとっても気に入りました。それを彼に指にはめてもらったのですが、私は長いことお酒を飲んでいなかったので久しぶりのワインで少し酔っていて、こんなことならお酒飲まなかったのに!!と後悔していました。

彼が言うにはレストランの後、海辺の散歩をしてその時にプロポーズをしようと思っていたらしいのですが、私の酔いが深くなっていて指輪を落としたりしちゃマズいと思ったらしいです。

それでも、本当に最高の日を過ごせて、ここまでしてくれる彼を本当に好きだなと思いました。今年の八月に結婚します。

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。