ペルー料理とフランス料理を合わせたような斬新な味に魅了

 

 

マチュピチュからの帰り、ランチを食べられるお店を探していました。仲良くなったガイドさんから地元情報を伺い、「Indio Foliz」というお店を紹介してもらいました。

なんでも、オーナーがフランス人の方で、国内での料理の賞も受賞しているほど美味しいと評判のようです。

パチャクテック通りから少し入った小道沿いにあります。お店の外観が派手なので、すぐに分かると思います。一歩入ると、お洒落でセンスのよい店内。船をイメージした内装で、マチュピチュ村にいることを忘れてしまいそうです。

遅いランチで、マチュピチュ帰り、お腹も空いていたのでコース料理を注文。
日本語メニューもありました。ちなみに、単品で頼むよりもコース料理のほうがだいぶお得な値段でした。

私は、前菜にキッシュ、メインに名物のマスのレモンソテー、デザートにレモンタルト、夫は、オニオンスープ・お肉の串焼き・チョコレートムースをオーダーしました。

どれもきれいに盛り付けられ、結構なボリュームでお腹いっぱい。前菜のサラダは、ビックリするほどの多さ! しかしながら、どれも美味しく、ペロリと食べてしまいました。

ペルー料理とフランス料理を合わせたような、今までに味わったことのない斬新な味。特にキッシュは、濃厚で抜群に美味しかったです。

マチュピチュ村に訪れる方、Indio Felizを是非オススメします。


■Indio Feliz
住所:Lloque Yupanqui 4-12, Aguas Calientes 01, Peru
TEL:084-211-090

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。