毒殺を恐れた王族が採用したことに由来

スッカラ

スッカラ

韓国の食文化を語るうえで欠かせない、スッカラとチョッカラ。スッカラは匙で、チョッカラは箸です。

権力抗争の絶えなかった王朝時代、食事に毒を盛られて暗殺なんてことは日常茶飯事。暗殺を恐れた王族の食器には、毒に反応する金や銀などの金属性が用いられました。

現在、韓国の家庭やレストランで目にするのは丈夫なステンレス製が主流です。韓国ではおかずはチョッカラで、ご飯と汁物はスッカラを使います。スッカラは洋式のスプーンと違い、くぼみが浅いのが特徴です。くぼみが浅いおかげで、ビビンパなどを混ぜ合わせるのに適しています。

このスッカラ、慣れてしまうと様式のスプーンよりも様々な用途に合わせて利用でき、ひとつふたつあると大変重宝します。面が広いので、味噌やアイスクリームをすくうのに便利で、また、卵を割りほぐしたり、ケーキの生地を混ぜ合わせるのにも適度な空気が入りうまく仕上がります。

ちょうど洋式スプーンとしゃもじの中間、それでいて心地よい重みがあるので余計な力を加えずに作業できるのもいいところです。料理好きな方へのお土産はスッカラがおすすめです。

■新世界百貨店 本店(シンセゲペッカジョム ポンジョム)
住所:ソウル特別市中区忠武路1街 52-5
電話:1588-1234
営業時間:月~木(10:30~20:00)、金~日・祝(10:30~20:30)
定休日:不定休(月1回)、旧正月・秋夕(チュソク)
アクセス:地下鉄4号線「会賢(フェヒョン)」7番出口方面 直結
URL:http://department.shinsegae.com/

※データは記事公開時点の情報です
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。