宮島唯一の牡蠣料理専門店

扱うのは広島牡蠣の中でも最高級クラスと言われる、広島地御前産のみ

扱うのは広島牡蠣の中でも最高級クラスと言われる、広島地御前産のみ

広島に訪れたら、牡蠣は欠かせませんね。宮島に唯一ある牡蠣料理専門店。その名も牡蠣屋。扱っている牡蠣は広島牡蠣の中でも最高級クラスと言われる、広島地御前産の牡蠣のみというこだわりです。

表参道商店街の真ん中あたり、大きな提灯が目印です。連休中の繁盛期、しかも丁度ランチタイムに訪れたので、既に店頭には大行列。並んでいる間に店員さんが、メニューを伺いに来て下さり、「裏メニューの牡蠣定食がオススメです」と教えてくれました。この時点で裏メニューではない気がしますが、お得なようなので牡蠣定食を注文しました。

店頭では、髭の長いおじさんが汗水垂らして、ひたすらに牡蠣を焼きまくっています。焼き立ての牡蠣は、すぐに店内に運ばれて行き、牡蠣を焼いている光景を見ているとますます期待をしてしまいます。

行列でしたが、回転が速いのかさほど待つこともなく店内に入ることができました。ただ、予約が可能であれば、予約をされたほうが良いかと思います。

奥行のある店内は、洗練されたスタイリッシュな内装で、牡蠣専門店とは思えないような雰囲気。

牡蠣定食

牡蠣定食

牡蠣定食は、焼き牡蠣、牡蠣のオイル漬け、カキフライに牡蠣めし、牡蠣入り赤出汁と楽しめ、なんとこの内容で2000円。生牡蠣は付いてこないので、別にオーダーをしました。

どれも濃厚な牡蠣の味を楽しむことができ美味しいのですが、中でも焼牡蠣は絶品。強い火力で焼き上げた牡蠣は、実がぷりっと弾けます。焼くと甘味も風味も増しますね。

店頭で一生懸命、牡蠣を焼いてくれていた髭おじさんの姿が思い浮かびます。丁度良い絶妙の火の通りで、これぞ職人技。

広島の牡蠣を思う存分味わうことができ、世界遺産宮島を代表するお店としても相応しいお店だと思います。
表参道商店街の真ん中あたり、大きな提灯が目印

表参道商店街の真ん中あたり、大きな提灯が目印


■牡蠣屋
住所:広島県廿日市市宮島町539
アクセス:宮島桟橋より徒歩7分、表参道商店街の真中あたり
TEL:0829-44-2747
営業時間:10:00~18:00 (シーズンにより変動)
URL:http://www.kaki-ya.jp/

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。