チベット仏教徒にとっての巡礼路でもある「バルコル」

 

 

 

 

 

 

ジョカン(大昭寺)を中心にして、周りを囲んだ一周道路のことで、ラサで唯一の商店街が、バルコル(八角街)です。

チベット伝統の住居や街並みが昔のままに保存されていて、骨董品、日用雑貨、細工芸術品、チベット民芸品などはもちろんのこと、巡礼に必要な仏具やバターなどを売る店が所狭しと軒を連ねています。お土産を買う際は、店主とおしゃべりしながら値段交渉をして、買い物を楽しんでくださいね。

また、バルコルはチベット仏教徒にとっての巡礼路でもあり、マニ車を回しながら、コルラ(聖なるものの周りを時計回りに回ること)している人を多く見かけます。中には、五体投地(チベット仏教独特のお祈りの仕方)をしながら進む信者もいます。

チベット伝統の料理屋も多く、気になった食堂などに入れば、モモやトゥクパなどのチベット料理を堪能できます。モモは日本の水餃子によく似ていて、とっても美味しいですよ。

バルコルは、とても賑やかで、歩いているだけでとても楽しい場所です。いったん路地に入ると、そこは迷路のようになっていて、散策にも最適です。


■バルコル(八角街)
住所:中国西藏自治区ラサ 八角街
電話:0891-6323129
アクセス:バス2路

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。