コペンハーゲン 「フレデリクス教会」

フレデリクス教会

フレデリクス教会

フレデリクス教会はアマリエンボー宮殿に隣接して、ロマネスク・バロック様式で建築された教会です。アメリエンボー宮殿を含め周囲一体の建造物の設計を担った建築家ニコライ・アイトブによって建築が始められました。

アイトブが1754年に死去したため、後の設計はフランス人建築家のジャーディンに託されました。ジャーディンは、高価なノルウェー産の大理石を使って建築を進めたため膨大な費用が発生し、当時のデンマーク首相のストルエンセは、1770年に建築を中断させてしまいました。それから1世紀の期間を経て、再び工事が行われ1894年に漸く完成しました。

大理石に包まれる教会を市民は、大理石の教会と呼んで親しんでいます。周囲にはキルケゴールなど、12体の像が取り囲んでいます。聖堂の天井画は放射状にキリスト教独特の宇宙観が描かれています。

また、ガイドツアーに参加すればドームの頂上に上ることができます。狭い螺旋階段を登りつめた頂上からは、コペンハーゲンの市街地の眺望が360度のパノラマで広がります。

■フレデリクス教会
・住所:Frederiksgade 4, 1265 KØbenhavn
・電話:33-150144
・公式HP:http://www.marmorkirken.dk/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。