大理石が贅沢に使われたフレデリクス教会

フレデリクス教会

フレデリクス教会

フレデリクス教会は、デンマークの女王が住むアマリエンボー宮殿からほど近い場所にあります。ノルウェー産の大理石を贅沢に使って建てられたロマネスク・バロック様式の美しい教会で、「大理石教会」とも呼ばれています。

この教会の建造を始めたのは、アマリエンボー宮殿とその周辺を設計した建築家のニコライ・アイトブでした。しかし1754年に彼は死去し、その後、建築はフランス人のジャーディンに引き継がれました。ところが、高価なノルウェー産の大理石をふんだんに使用したことから予算が不足し、工事は、当時の首相ストルエンセにより中止させられてしまったそうです。1770年のことでした。

それからおよそ1世紀が過ぎ、1894年、ロマネスク・バロック様式の美しいこの教会がついに完成しました。教会の内部は見学可能です。気品のある外観だけでなく、全面的に大理石で造られた聖堂を、時間があればぜひ見て行ってください。毎日行われているガイドツアーに参加すれば、ドームの頂上に登ることもできます。

■フレデリクス教会
・住所:Frederiksgade4
・営業時間:
【月・火・木曜】10:00~17:00
【水曜】10:00~18:00
【金~日曜】12:00~17:00
・定休日:なし
・公式HP:http://www.marmorkirken.dk

※上記データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。