地元の人も支持するスローフードの専門店  「味加本」

 

 

日本のお粥は病人食のイメージが強くて、味のないお粥はちっともおいしくありません。一方韓国のお粥は、「お粥専門」と看板を張るだけのことはある立派な料理。病人に食べさせてあげれば一発で治ってしまいそうなほどのおいしさです。

「味加本」は、日本人観光客に爆発的人気のお粥専門店。ここのお粥を食べて、今まで日本で食べていたお粥は何だったんだろうと、お粥に対する考え方が変わったという人も多いはず。

程よく炊かれたお粥は水っぽくもなく、かといって固くもなく、つぶつぶの食感に満足感があります。ごま油で香り付けされ、具材にアワビ、牛肉、しいたけ、野菜などを使って旨みを出しています。しっかり味がついているので最後まで飽きずに食べられます。

一番人気のお粥は「あわびのお粥)」で10000ウォン。付け合わせのイカの塩辛が絶品で、これ目当てにやってくる人も多いとか。店の中を見渡すと100パーセント日本人。みんな満足げです。

■味加本
住所:ソウル市中区明洞2街2-2
電話:02-752-0330 
営業時間:平日(8:00~21:00)、日曜(8:00~20:00)
休業日:旧正月、秋夕(韓国の旧盆)
アクセス:地下鉄2号線(乙支路入口「ウルチロイック」)より徒歩5分

※データは記事公開時点の情報です
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。