ドゥオーモの右隣にある高さ84メートルの塔

 

 ジョットの鐘楼

ここを登るまで、わたしは自分が高所恐怖症だとは、知りませんでした。

1359年に完成した、ドゥオーモの右隣にある高さ84メートルの塔です。ジョットの鐘楼と呼ばれてはいますが、着工当初の担当者である画家にして建築家のジョットは、着工後わずか3年で亡くなってしまいました。その後、2名の建築家がひきついだので、外壁の建築様式が階層ごとに異なっています。

そう。最上部に登るまでは、ガイドブックで予習したそんな豆知識を目の前の建物と照らしあわせて、のんきに喜んでいられたのです。ドゥオーモでも見かけた旗を捧げもつ羊を柱に見つけてはウキウキし、414段の階段をあがりました。

で。

わぁ、見晴らしがいいと、下を見おろしたとたん……わたしはその場に、へたり込んでしまいましたとさ。

もちろんここは、いまも現役で使われている鐘楼ですから、見晴らし台で360度のフィレンツェ市街のパノラマを楽しめるだけでなく、鐘楼内部を見おろすこともできます。

高いところが平気であれば、ですが。

塔の高さは84メートル。ですが、街全体が歴史指定地区であるフィレンツェには、他に高い建物など数えるほどしかなく、実際以上の高さを感じることができます。

というわけで、どうでしょう。貴方も一度、このジョットの鐘楼で、度胸試しをしてみませんか?

■ Campanile di Giotto(ジョットの鐘楼)
住所:Piazza del Duomo, 50122 Firenze
電話:+39-055-2302885
営業時間:8:30~19:30
定休日:1/1、イースター、9/8、12/25
アクセス:サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から徒歩15分

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。