勉強や運動以上に、大切にしていきたい3つのポイント

「ボクって幸せ♪」という気持ちが何より大事

「ボクって幸せ♪」という気持ちが何より大事

アメリカの大規模な研究により、「幸福感が成功を生む」ということが証明されました。(*)

さらに、子ども達が、保育園、幼稚園、学校などで充実した日々を送れるかどうかのポイントは、幸福感の高さがカギなのだそうです。勉強ができるかどうかは、最重要ポイントではないとも書いてあります。

学校では勉強ができる子が成功しそうなイメージがありますね。でも、読み書きよりも足し算よりも、大事なのは幸福感だったのです。

幸福感を感じる⇒ポジティブな気持ちを持ち続けやすくなる⇒様々なことに、前向きに取り組める

このサイクルが、子ども達の学校生活の満喫度をアップさせるのですね。

では、幸福感とは何なのでしょうか? そして幸福感を高めるにはどうしたらいいでしょうか? そこでは、3つのキーワードが挙げられています。それは、
  • 自己効力感
  • 自信
  • ポジティブさ
つまり、子どもが、

  1. 自己効力感が高いこと
  2. 自信を持っていること
  3. 楽観的であること

この3つが整うと、「ボクって幸せ♪」という気持ちが高まり、「ボクは学校でも上手くやっている!」という気持ちまでもが満たされやすくなるのですね。

「幸せだなぁ」という気持ちは、目には見えるものではないし、お金で買えるものでもありません。この捉えようのない感覚こそが、子ども達を輝かせる源泉なのです。親として、子ども達の「幸せ感」を上手に育んでいきたいですね。

>>次ページでは、この3ポイントをアップさせるヒントをご紹介します。

*出典:Psychological Bulletin (2005)「The benefits of frequent positive affect」より