門まわりから玄関にかけてのアプローチや庭を、タイルや御影石、大理石などの石張りにしている家も多いのでは?一生ものと言われるタイルや石材でも、築10年を過ぎるとくすんだり汚れたりしてきます。そんな時は、クリーニング&コーティングのリフォームでリフレッシュ。タイルや石が美しく蘇り、寿命を延ばすことができます。

玄関まわりのタイルや石材が汚れていると、家全体が汚れて見える!?

アイアンの鉢植えスタンドのサビがこびりついた玄関先の床タイル

アイアンの鉢植えスタンドのサビがこびりついた玄関先の床タイル

タイルや石材のよさは、質感や存在感が素晴らしくインテリア性が高いこと、そして耐久性が高く、劣化しにくいことにあります。

玄関まわりにタイルや石材を使うことが多いのも、その豪華さゆえなのですが、タイルや石材と言えども、年月が経てば汚れてきます。

建築用の石材やタイルは、表面がツルツルに見えても、実際は目に見えないほどの小さな穴がたくさん開いていて、そこから水を吸って、サビがついたり、シミやカビ、藻などが発生します。

せっかく豪華にした玄関まわりなのに汚れたままでは、家全体が汚れて見えてしまうことも。モルタル壁と違って、タイルや石材は塗り替えができないので、諦めている人も多いのですが、これらは専門業者によるクリーニングとコーティングのリフォームで、美しく蘇らせることができます。

 

タイルや石材をまずはクリーニング+シリコンでコーティング

クリーニング前の様子。カビやコケなどの発生と、土泥汚れがついてしまった庭の床石。

クリーニング前の様子。カビやコケなどの発生と、土泥汚れがついてしまった庭の床石。


クリーニング+シリコンを主成分としたコーティングリフォーム後。美しく蘇っている(施工・画像提供:イースト)

クリーニング+シリコンを主成分としたコーティングリフォーム後。美しく蘇っている(施工・画像提供:イースト


上の写真は、カビやコケなどの発生と、土泥汚れがついてしまった庭の床石をクリーニングした後に、シリコンを主成分としたコーティングのリフォームをした様子です。

タイルや石材のクリーニングでは、状況を確認せずにむやみに高圧洗浄をしたり、市販の薬品を使用すると、かえってダメージを与えてしまうことがありますので、タイルや石材を扱いなれた業者に状況を見ながらていねいに洗浄してもらうことが大切です。

また上記のコーティングは、一般のはっ水剤のように表面はっ水を主目的としているのではなく、染み込ませることで耐久性のある吸水防水層を形成する仕組みなので、表面の仕上がりが自然で、カビ・コケ、凍害、風化を軽減して寿命を延ばしてくれます。

次のページでは、こんなタイルもキレイになる!タイル・石材のクリーニング&コーティングリフォームの事例と、気になる費用です。