喧嘩をしたら相手の心を考えて行動する

喧嘩をした後には、少し距離をおくのがポイントです。
精神的に落ち込んでしまっているので、無理に何度も話かけると疲れてしまいます。
かえって関係が悪化してしまい、修復がしにくくなってしまう事があります。

相手の好きな料理を作ってあげてそっと差し出します。凄くお好み焼きが好きな人がいて、その人に具を密かに買ってきて作りました。相手が帰宅する前に作っておいて、テーブルの上にメッセージカードを添えて置いて置きました。

カードには、「心より反省しています」と短い文で書きました。あまり長い文よりは、一言気持ちを込めて書いた方が気持ちが伝わります。自分も貰ったカードにも、一言「愛しています」と書いてあった時は涙が出てしまいました。

それでも相手の機嫌がなおらない時には、背後からそっと近づいてぎゅっと抱きしめます。そして耳元で「ごめんね」と言います。

いつまでも喧嘩を引きずらず、きっぱりと忘れて笑顔で対応するのが良いです。その相手の好きな映画を借りてきて「見ようよ」と話しかけたりして、気持ちを考えながら静かに語りかけるのがポイントです。

仲直りする時のタイミング

仲直りする時にはすぐに謝るのではなく、半日ほどしてから謝るのもポイントです。急に謝ると、あまり反省しているように思えず、付き合った期間が長ければ長いほどに時間も必要になってきます。反省している気持ちを伝えるには、どうして喧嘩してしまったのか、どちら側が悪かったのかという事を考える時間も必要です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。