シンガポールを代表するローカルフード
フィッシュヘッドカリーの名店ムトゥースカリー

説明文

チャイニーズとインド人が共存するシンガポールならではのローカルフード、フィッシュヘッドカリーといえばここ、の超有名店

説明文

ガラス張りで明るい店内は広々。店舗前にもオープンエアのシートがある

1969年オープンのインドレストラン、ムトゥースカリー。シンガポール国内に3店舗を有する人気店で、シンガポールを代表するローカルフードのひとつ、フィッシュヘッドカレーのパイオニア的レストランとしても知られています。今回はインド人やインド系の店が集中する地区、リトルインディアのレースコースロード沿いにある店舗へ行ってきました。

 
説明文

店内は真ん中にオープンキッチンとカウンターを挟んで2スペースとかなり広い。団体客も利用するので予約するのがベター

広々として落ち着いたインテリアの店内は、オープンキッチンで、テラス席も完備。この地区にたくさんあるインド料理レストランの中でもかなり入りやすい雰囲気で、日本人旅行者や、在住日本人にも人気です。

ここで食事をするなら、やっぱりフィッシュヘッドカリーははずせません。フィッシュヘッドカリーとは、その名の通り、魚の頭がまるごと入っているカレーのこと。カレーの中で魚の身をほぐして、ライスなどと一緒にいただきます。シンガポールではポピュラーなローカルフードなので、ホーカーやフードコートなどでも食べることができますが、せっかくシンガポールを旅するのであれば、名店の味は試しておきたいところ。

 

説明文

フィッシュヘッドカリー。ココナッツでコクをだしつつスパイシー。さらに魚のダシや旨みもブレンドされたシンガポール自慢の一品

さてそのお味ですが、やっぱり違う! まず、インド直輸入の香辛料を15種以上も組み合わせているというオリジナルのカレーは、すごくスパイシーなのですが、しっかりと魚のダシが染み出していて奥深い。辛いのだけど、後から旨みが追いかけてくるのでどんどん食べられる。そう、辛くてもおいしいものはおいしい! 真ん中にドーンと鎮座するフィッシュヘッドも、身がポロポロと取れやすく、カレーとの相性も抜群です。こちらの店ではタイやアンコウといった白身の魚を使用しているとのことでした。

ライスはサフランライスかスチームライスを選べるのですが、カレーの深い味わいを堪能するには、スチームライスの方がいいかもしれません。一度オーダーすると、ライスの入った入れ物をもった店員さんがまわってきてくれますので、追加もできます。お皿代わりにバナナの葉を使ってサーブするのも、ムトゥースカリーが先駆けたスタイルなのだとか。

フィッシュヘッドカリーは2~3人なら小サイズ(20シンガポールドル)、4人なら中サイズ(25シンガポールドル)、5人以上なら大サイズ(30シンガポールドル)でオーダーするのがベター。また、人気店なのでランチやディナーの時間帯に利用する場合は、予約を入れておくのをおすすめします。

<DATA>
■Muthu’s Curry(ムトゥースカリー)
住所:138Race Course Road,#01-01
TEL:6392-0722(+65)
営業時間:10:30~22:30
定休日:なし
アクセス:MRTリトルインディア駅から徒歩5分

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。