タイ最北端、国境地帯のリゾートへ

荘厳な雰囲気のエントランス。壁には山岳民族の写真パネルをディスプレイ

荘厳な雰囲気のエントランス。壁には山岳民族の写真パネルをディスプレイ。 アカ族、モン族、カレン族など、民族ごとに顔付きも衣装も違うのが印象的


 
アナンタラリゾートからの眺め。雄大なるメコン川の向こうはラオス

アナンタラリゾートからの眺め。雄大なるメコン川の向こうはラオス。この一帯は山岳民族が暮らす村が点在する地区でもある
 

立派な角を持つ水牛。こちらもリゾートで飼育されている

立派な角を持つ水牛。こちらもリゾートで飼育されている

タイ、ラオス、ミャンマーの国境に位置するチェンライのゴールデントライアングル地帯。タイ最北端にほど近いこの地域は、かつて麻薬の産地として悪名を馳せていましたが、現在は観光地として世界中からゲストが訪れるのどかな一帯です。

さて、今回ご紹介するアナンタラ・ゴールデントライアングル・リゾート&スパは、タイを代表するホテルグループのひとつ「アナンタラリゾート」がタイ北部で唯一展開しているホテルです。ちなみに同ホテルはタイ国内だとホアヒン、プーケット、クラビ、サムイといったビーチリゾートを中心に展開しており、山岳リゾートはこちらのみとなっています。

アナンタラ・ゴールデントライアングル最大の特徴は、何と言ってもエレファントキャンプを併設していること。エレファントキャンプは、行き場を失った象を保護し、象に依存して生活する象使いとその家族たちを支援している団体「TECC」をサポートする為に企画された施設で、ゲストは様々なアクティビティを通して、象たちとふれ合うことができます。

また、こちらのリゾートではオールインクルーシブプランを採用しており、宿泊費には3食の食事、ビール・グラスワインなど一部のアルコールを含むドリンク、空港送迎、Opium Museum(アヘン博物館)入場券、アクティビティなどが含まれています。特にアクティビティは、スパトリートメント、エレファントキャンプへの参加、国境ツアー(メコン川をボートで観光)、クッキングクラスなどから好きなものを、滞在中毎日1つずつ選べるようになっており、旅の想い出を楽しく演出してくれることでしょう。


>>次はお部屋をご案内します